Sponsored Links

クリスマスが近づいてくると、子供達からのプレゼントに対する声が大きくなってきますよね。
「今年はサンタさんに○○をお願いするんだ~」「サンタさん、○○持って来てくれるよね?」など可愛い笑顔で言われるとこちらも思わず「そうだね」なんて返事をしてしまいがちですがこのクリスマスプレゼントの相場って気になりませんか?

Christmas15

あまり高すぎるプレゼントは子供に良くないような気もするし、かと言って安すぎると普段の買い物と同じ気もするし。
そこで、クリスマスプレゼントの相場について調べてみましたので参考にしていただければと思います。

・幼稚園、保育園 1,000~4,000円くらいまで

・小学校低学年  4,000~5,000円くらいまで

・小学校中学年  5,000~6,000円くらいまで

・小学校高学年  5,000~10,000円くらいまで

・中学生、高校生 10,000~15,000円くらいまで

子供が欲しい物を買ってあげたいとつい思いがちですが、子供の興味はすぐに他に移ってしまうものです。
あまりお金をかけ過ぎる必要はありません。

次にプレゼントですが、2014年は妖怪ウォッチとアナ雪の商品がとても人気だったようです。
流行りもありますので、旬のキャラクター玩具は早めにおもちゃ屋さんを覗いてみた方が良いかもしれませんね。

全体的に見て、やはり男の子に人気があるのは仮面ライダーなどの変身ベルト。
女の子には指輪やブレスレットなどが簡単に作れるアクセサリーキットが人気のようです。
他にも、たまごっちは未だ根強い人気があるようですし、パズルや人気キャラクターのすごろくゲーム(ボードゲーム)も人気があります。

Christmas16

幼児には知育玩具でアンパンは不動の人気のようですね。
こちらはおじいちゃんやおばあちゃんがお孫さんへのクリスマスプレゼントにすることが多いようです。

変わり種だとけん玉や(密かなブームらしいですね!)、Robiといった次世代ロボットなども人気らしいのでチェックしてみてもいいかもしれません。

Christmas17

最後に、プレゼントを渡すタイミングです。

24日の夜なのか、25日の夜なのか…それとも23日の夜なのか、と悩まれるお父さんやお母さんもいらっしゃると思います。
一番多いのは24日の深夜、お子さんが寝た後じゃないでしょうか。

何となく、24日の深夜みんなが寝静まった夜にサンタさんがこっそりと訪れる…なんてイメージがありますからね。
本場の欧米ではクリスマスを24日の深夜~25日の早朝としていますので、やはりプレゼントは24日の深夜に枕元へ置いておくのがいいでしょう。
直接手渡しをされる親御さんは、24日のクリスマスパーティーの時に渡せば大丈夫です。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus