Sponsored Links

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句は知っていても、その彼岸の意味や時期をはっきりと知らない方もいらっしゃると思います。

そこで、彼岸とはなにか?その時期はいつなのかを調べてみましたので参考になさってみてください。

 

<お彼岸とは>

まず、お彼岸とは日本独自の仏教行事です。

ご先祖さまや自然に感謝をする仏道精進の期間にあたり、お寺の法要やお墓参りに行き真心の合掌を捧げます。

これは、仏教の西方極楽浄土の教え春分・秋分の日を中日として前後3日計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に修業をするのが良いとされていたからです。

また、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていました。

Equinoctial week1

 

<彼岸の時期>

彼岸には年に2回、春彼岸と秋彼岸があります。

それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、秋分の日(9月23日頃。その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

 

2015年のお彼岸

 

【 春彼岸 】

3月18日:彼岸入り

3月21日:彼岸の中日(=春分の日。祝日)

3月24日:彼岸明け

 

【 秋彼岸 】

9月20日:彼岸入り

9月23日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)

9月26日:彼岸明け

 

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。

祝日法による趣旨は……

・春分の日=『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』

・秋分の日=『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』

 

春分の日・秋分の日を迎える頃には厳しい寒さや残暑も目処がつく為、「暑さ寒さも彼岸まで」と言うようになったと言われています。

他にも、お彼岸は迷い・悩み・煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるとき(時期)でもあります。自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴う様々な辛さも彼岸の頃には和らいで楽になるよ…そんな思いから「暑さ寒さも彼岸まで」という励ましの意味もあったのです。

 

<ぼたもち(つぶあん)とおはぎ(こしあん)は違うもの?>

お彼岸のお供えものといえば「おはぎ」か「ぼたもち」が定番ですが、実はこの二つは基本的には同じもので季節によって呼び方や作り方が変わります。

Equinoctial week2

ぼたもち

ぼたもちは、牡丹の季節・春のお彼岸に食べるものです。

春のお彼岸に使う小豆は、年を越してかたくなった小豆の皮を除いてこしあんで作られます。

また、牡丹の花に見立てて少し大きめに作られることから牡丹餅=ぼたもちと呼ばれるようになりました。

 

Equinoctial week3

おはぎ

おはぎは、萩の季節・秋のお彼岸に食べるものです。

秋のお彼岸に使われる小豆は収穫期と重なり、小豆も柔らかいので皮のままつぶして作るおはぎになります。

こちらもぼたもちと同様に秋に咲く萩の花に見立てて作られたことからおはぎと呼ばれるようになりました。

また、萩の花は小さいのでおはぎはぼたもちより小さめに作られます。

Equinoctial week4

 

<お供え・お墓参り>

お彼岸の期間中にはお墓参りをしましょう。

お線香・ライター(マッチ)・お花・お供え物(お菓子や果物)…墓地を掃除する為のホウキやバケツなども持って行くようにします。

植木などのあるお墓の場合は剪定などをして枝の手入れも忘れずにしましょう。

お隣の墓域に葉が落ちて迷惑にならないようにします。また葉についた虫が墓石に落ちたのを放置しておくとシミになることもあるので気を付けてください。

Equinoctial week5

掃除の後は持ってきたお線香やお花、お供え物を供えてお参りをします。

食べ物はそのままにしておくとカラスなどが来て食い散らかしたりすることもあるのでお参りが済んだら持ち帰りましょう。

 

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus