Sponsored Links

ハロウィンというお祭りの由来はご存知ですか?最近は日本でもこのハロウィンを楽しむ方が増えてきましたね。
では、ハロウィンとはどういったお祭りなのでしょう。
ハロウィンの歴史は古く、2000年以上前古代ケルト人達が信仰していたドルイド教では11月1日のサウィン祭りから新しい一年が始まると考えられていました。しかもこの新しい年は前日の日没、つまり10月31日から始まると考えられていたのでお祭りは10月31日の夜から始まります。
ケルト人達は、一年の終わりである10月31日の夜に死者の霊が家族を訪ねて来ると信じていました。同時に悪い魔女や精霊も出て来ると信じていたので、身を守る為に仮面を被ったり魔除けの為に篝火(かがりび)を焚いたりしたことがハロウィンの始まりです。
ハロウィンには「トリック オア トリート!(何かくれないといたずらするぞ!)」と言いながら仮装した子供達が家々を回ってお菓子を集める姿を見かけますが、これは先に述べたサウィン祭りでは町を徘徊する悪い精霊が家に入って来ないようにする為に、家の外へ食べ物とワインを供えていたのが由来だと言われています。
日本ではそういった宗教的な意味合いよりもイベントの一つとして「楽しむ」という要素の方が大きいですね。

Halloween

今人気の仮装(コスプレ)はこれ!

Halloween2
ホウキを持った魔女やかぼちゃのオバケ、ドラキュラは定番中の定番ですが、人気の仮装となるとやはり可愛くて誰にでも受け入れられるディズニーのキャラクター(ミッキーやティンカーベルなど)がダントツの人気ではないでしょうか?他にも面白系だと寿司やハンバーガーといった食べ物に扮する方もいるようです。あとは、ゆるキャラなどのキャラクターも人気らしいですよ!

簡単!子供が喜ぶ手作り衣装

Halloween3
本格的なドレスを手に入れようと思ったら数千円は確実にするでしょう。
そこで、手作り衣装に挑む方もいらっしゃると思いますがインターネットで作り方を調べてみると特殊な材料などは必要なく、しかもとても簡単に作ることが出来るようです。
かぶれるおばけカボチャも紙で作れるらしいですよ。
せっかくなので手作りの衣装でハロウィンを楽しんでみませんか?
衣装の中で驚いたのはミイラの衣装で、材料にガーゼが含まれるのは分かるのですがもう一つ、厚めのトイレットペーパーとありました。画像を見てみて納得、よく出来た衣装で本当にミイラっぽいです。
他にも黒のTシャツに骨の形に切り取った白色のフェルトを貼り付けて骸骨風のTシャツを作っている方も。これは簡単そうですぐに出来そうですね。
少し凝ってみたい方や、小さな娘さんの為に衣装を用意されたい方はティンカーベルの衣装も手作り出来るようです。材料も全て100円均一ショップで揃えることが出来て、可愛いティンカーベルの衣装に娘さんもきっと大喜びするはずです!

YouTube 本当にかぶれる紙のおばけカボチャ作り方 ハロウィンの仮装や手づくりコスチューム衣装に

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus