Sponsored Links

新年といえば初詣!多少の混雑は覚悟が必要ですが、行くなら人気のスポットへ足を運びたいですよね。そこで、東京都内で人気の初詣スポットをご紹介したいと思います。

Hatsumode1

<靖国神社>

 

新年は靖国の大太鼓の響きで始まります。元日の午前零時、三連七鼓二十一発の号鼓が九段の杜の浄闇を破り、参道に篝火が灯されると、境内は初詣に訪れる参拝者で溢れ返ります。本殿では、境内の井戸から汲み上げられた「若水」を供える儀式に続いて、年の初めに国家の安泰と国民の平安を祈る新年祭が斎行されます。

境内では御神酒や甘酒が振舞われ、初春を言祝ぐ芸能や新春弓始めなどの奉納行事や新春恒例の福引きも行われます。

(出典:http://www.yasukuni.or.jp/

Hatsumode2

 

○アクセス

・JR:中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分

・地下鉄:東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分

有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分

東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分

・バス:九段下~高田馬場系統「九段上停留所」より徒歩1分

 

<明治神宮>

 

初詣には日本一の参拝者数が集まるという明治神宮。三ヶ日はルートが限定される為、経路に従って参拝することになります。

(出典:http://www.meijijingu.or.jp/

Hatsumode3

○アクセス

・JR:原宿口[南口] JR山手線「原宿」駅すぐ

東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅すぐ

都営地下鉄大江戸線「代々木」駅徒歩10分ほど

東京メトロ副都心線「北参道」駅徒歩10分ほど

参宮橋口[西口] 小田急線「参宮橋」駅徒歩5分ほど

 

※穴場スポット

 

<代々木八幡宮>

明治神宮の近くにあるのですが、初詣参拝者数が比較的少ないため穴場のスポットになります。

(出典:http://www.yoyogihachimangu.or.jp/

 

<笠間稲荷神社東京別社>

 

日本三大稲荷のひとつ茨城県笠間稲荷神社の東京別社です。江戸時代末期に笠間藩主牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎して建立されたといいます。出世稲荷とも呼ばれておりお正月の定番スポットです。

(出典:http://www.tesshow.jp/chuo/shrine_hamacho_kasama.html

Hatsumode4

○アクセス

・JR:東京メトロ日比谷線、人形町駅から徒歩5分ほど

 

<市谷亀岡八幡宮>

 

全国的にも数少ないペットと一緒に初詣が出来る神社です。

ペットと参拝し、自分だけのペット彫り札御守りを作ってもらうことができるそうですよ。(ペットと初詣するには予約が必要になりますので注意しましょう)

(出典:http://www.ichigayahachiman.or.jp/engi/index.html

Hatsumode5

○アクセス

・JR:東京メトロ有楽町線&南北線、都営新宿線「市ヶ谷」駅すぐ

 

<堀之内妙法寺>

 

正月三が日の三日間にわたって、新年の祝祷会が厳修され、厄よけのお祖師さまに天下泰平・世界平和・家内安全・心願成就の祈願がなされます。初詣には、「今年も幸せになりますように」「一切の厄をよけ、福徳が与えられますように」と、一年の無事息災をお願いしてください。

(出典:http://www.yakuyoke.or.jp/

Hatsumode6

※太歳三が日大祝祷会は大変混み合いますので、時間に余裕を持って行かれることをおススメします。

http://www.yakuyoke.or.jp/gyouji/event01.html

 

○アクセス

・JR:東京メトロ丸ノ内線、東高円寺駅 徒歩15分

東京メトロ丸ノ内線、新高円寺駅 徒歩13分

 

<帝釈天題経寺>

 

「男はつらいよ」の寅さんが産湯を浸かったお寺としても有名な帝釈天題経寺には帝釈天が祀られ、病難や火難、その他様々な災難から身を守ってくれると言われています。(比較的混雑しないお寺です)

(出典:http://www.taishakuten.or.jp/

Hatsumode7

○アクセス

・京成線「柴又駅」下車。徒歩3分。

・北総公団線「新柴又駅」下車徒歩12分。

・JR小岩駅より京成バス(金町行)に乗り15分程、「柴又帝釈天」下車。

・JR金町駅より京成バス(小岩行)に乗り5分程、「柴又帝釈天」下車。

 

<喪中の場合の初詣>

 

喪中だから初詣に行ってはいけないということはありません。

ただ、亡くなってまだ数ヶ月で気持ちの整理がつかないという方はそのまま喪に服します。(年賀状を欠礼する、お節や松飾などを用意しない…など)

要は気持ちの問題で、初詣=めでたいことでないので初詣には行っても構わないのです。初詣は一年の健康を願う為に神社やお寺をお詣りすることですからね。

 

 

初詣は元旦だけでなく、松の内と呼ばれる一月七日までに行けば大丈夫なので長時間並ぶのが無理という方や、混むから行きたくないなと思われている方でも三が日を過ぎてゆっくりと参拝するのもおススメですよ。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus