Sponsored Links

運動会といえば大人にとっては懐かしい思い出ですが、大人も子供も共通して楽しみなのはお弁当じゃないでしょうか?
中にはお弁当の印象の方が強く思い出に残っているという方もいるかもしれませんね。

そんな運動会の思い出での一つであるお弁当ですが、いざ作ろうとなるとどんなメニューにしようか悩まれると思います。
だけど、子供が喜んでくれて競技を一生懸命頑張ってくれるような美味しくてボリュームもある料理となると作る側の負担も相当なものです。
だからこそ、お弁当には簡単で美味しい定番のメニューがあれば嬉しいですよね。

Lunch box1

定番のメニューで思い浮かべるのはおにぎり、唐揚げ、玉子焼きではないでしょうか?
これだと普通のメニューのように感じますが、これにアレンジを加えるだけで普段とは少し違った定番メニューに早変わりです。

まず、おにぎりのアレンジですぐに思いつくのは最近話題になっている「おにぎらず」ではないでしょうか?

●おにぎらずのレシピ

・海苔 1枚
・ごはん 150g
・スパム
・卵 1個
・レタス 適量

・スパムを1cmほどの厚さに切り、フライパンで両面を焼きます。
・続いてスクランブルエッグを作ります。
・ラップの上に海苔を広げ、その上にごはん半量を乗せます。
・ごはんの上にレタス、スパム、スクランブルエッグと順に乗せていき、具が隠れるようにごはん半量の残りを乗せます。
・海苔を上下、左右から折り畳み、引っくり返して1~2分ほどなじませる。
・軽く濡らした包丁でカットして出来上がりです。

YouTube おにぎらずの作り方と「コツ」!

Lunch box2

唐揚げと玉子焼きのレシピですが、検索するとズラッと出てきてしまって一体どのレシピがいいのか分からなくなってしまいます。
そこでポイントとコツの整理をしてみました。

唐揚げですが、下味をつける時の味付けは濃いめにしましょう。
これは時間が経って冷めたときに味がぼやけてしまい、食べたときに物足りなく感じるからだそうです。
最低でも30分以上は漬けダレに漬けておいた方がいいみたいですね。(この時、鶏肉をフォークで刺して穴を開けておくとより味が染み込みやすいです)

揚げる時の衣は片栗粉とコーンスターチを混ぜたもの(片栗粉の割合を多く)を使うとカリッと上がります。

他にも、唐揚げをお弁当箱(もしくはお重箱)に詰める時にピックに刺すだけでも雰囲気が変わりますよ。
ピックに刺すときは、プチトマトやズッキーニなども一緒に刺すと彩りが鮮やかになります。

次に玉子焼きですが、冷めてもふわふわで美味しい玉子焼きを作る為に隠し味を入れます。
隠し味は、Mサイズの玉子2個に対しマヨネーズを小さじ1/2入れて通常の味付けをするものと、同じように玉子2個にお酢を小さじ1/3を入れ通常の味付けをして作るものがあります。
どちらの玉子焼きもポイントは多めのサラダ油を入れてよく熱したフライパンで焼き上げることです。ふんわりと仕上がりますよ。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus