Sponsored Links

子供に関するイベントの一つに七五三がありますが、男の子は何歳にお祝いをするかご存知ですか?
毎年11月15日に七五三を祝うと知っていても、いざ自分のお子さんになると祝う歳がいくつになるのか悩まれると思います。
そこで、男の子の場合は何歳にお祝いをすればいいのか調べてみましたので参考にしてみてください。

Seven-Five-Three Festival10

七五三の由来 お祝いの年齢

七五三の由来とお祝いの年齢については下記にまとめてますのでご覧ください。

【女の子の七五三 お参りはいつ?着物とドレスどっちがいいの?】

衣装について

お子さんの晴れ着を着た姿を記念に残したい!と思いますよね?もちろん、親御さんが自らシャッターを切ってお子さんの成長を写真に収めるのも素敵ですが、衣装も含めプロに任せるという手もあります。

七五三の当日にお参りに行けない、時間がないという方には前撮りもおススメですよ。
子供の写真撮影を得意とするスタジオアリスさんでは着付けからヘアセットまで対応してもらえますので、今人気の衣装・髪型などと合わせてご紹介したいと思います。

男の子の衣装は全体的にクールなものが多いようです。(決して地味ということではないですよ!素敵な衣装がたくさんあります)

スーツか袴かでも悩むと思いますが、メリットで言えばスーツの方が楽だと思います。

慣れない袴は動きが制限されるので、お子さんの機嫌が悪くなってしまう可能性も…。

また、参拝に訪れる神社の参道が砂利の場合袴の履物では歩きにくいこともあります。
その点スーツなら動きやすく、履物は靴になるのでお子さんも戸惑うことは少ないでしょう。

Seven-Five-Three Festival11

袴の良い点は、普段は着られないものを着て楽しむことが出来るということと年長者への受けが良いということです。

袴なんてそうそう着る機会はありませんので、遠出の予定がなければ袴もおススメです。
また、袴(着物)はとても保温性が高いので11月の少し冷える時期に袴を着て参拝されるようでしたらお子さんの防寒対策にもなります。

スーツと言っても様々で最近ではタキシードも人気です。
色は定番の黒、グレーが安定の人気ですが中には白でキリッとキメてみたりチェック柄(ウィンドペン)でポップな感じに仕上げるお洒落さんもいらっしゃるようですね。

袴の人気色は黒や白などはっきりしたもの、そして刺繍が施されたものが人気があるようです。

刺繍も龍や虎など動物をあしらったものが人気ですが特に人気なのは鯉。
細かい刺繍は金色の糸を使いゴージャスで、個性もあるので男の子を引き立ててくれるでしょう。

Seven-Five-Three Festival12

髪型について

次に髪型ですが、女の子と違って特に決まった髪型などはなく逆にそれが悩みになるかもしれませんね。

スーツでも袴でもこうしないといけないということはないので、お子さんに合った髪型にしてあげてください。

例えば普段ショートヘアの男の子であれば思い切って髪を立てたソフトモヒカン風にしてあげると元気いっぱいのイメージになりますし、少し長めの髪の毛であればふわっとセットしてあげるだけで優しい雰囲気になります。

クールにしたい場合は、大人と同じように分け目をつけてカッチリした髪型にしてあげるのも素敵です。

Seven-Five-Three Festival13

スタジオアリスさんでは、デジタルブックで新作デザインを見ることが出来ます。
資料の請求も出来ますのでこちらのサイトを参考になさってください。
http://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s.php

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus