Sponsored Links

お悔やみの言葉とは故人の死を悼む言葉です。 遺族へのいたわりを込めながら慎み深い挨拶を心掛けたいですね。

●焼香

・基本的なご焼香の方法

ご焼香には三つのスタイル(立礼・座礼・回し焼香)がありますが、その三つに共通する基本的な方法をご紹介します。(宗派によって違いがあります。あくまで一般的なご焼香の方法です)

まず、右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまみ、額の高さまでかかげます。(これを「押しいただく」といいます)

次に、香炉(炭の方)の少し上に移動させ指をこすりながらパラパラと落とします。(このとき、数珠は左手にかけておきます)

Funeral1

・ご焼香の回数

ご焼香の回数は宗派によって違い、1回のご焼香に気持ちを込める宗派もあれば3回することに意味を持つ宗派もあります。

ご自分の宗派が分からない場合は、周りにならって何回でもかまいません。

参列者の多い葬儀の場合は、時間の調整から「1回にしてください」と案内されることがありますので、その場合は1回だけご焼香します。

・立礼(りつれい)焼香

椅子席の式場の場合に多く用いられるスタイル。

喪主や親族のご焼香が終わった後に、参列者が順番にご焼香します。順番が来たら、隣の方へ軽く会釈をしてから焼香台へ向かいます。

数珠は左手に持ちます。

・座礼(ざれい)焼香

畳敷きの式場の場合に多く用いられるスタイル。

基本的な手順は立礼焼香と同じですが、違うのは真っ直ぐ立ち上がらないということです。

移動は常に腰を落とし、ご焼香は正座して行います。

①ご遺族に一礼し、腰を屈めて焼香台へ向かいます。
②座布団の前で両手を使って膝立ちし、にじり寄って正座したら遺影に一礼、ご焼香は立礼と同じ作法で行います。
③ご焼香が済んだら、遺影に向かって合掌します。
④両手を使って膝立ちし、そのままの姿勢で後退します。中腰になったら僧侶・ご遺族に一礼して、中腰のまま席に戻ります。

・回し焼香

式場が狭い場合などに、座ったまま焼香炉(ご焼香をする箱)を隣の人に順番に渡しながら行うご焼香のスタイル。

隣の方からお盆に乗った焼香炉が回ってきますので軽く会釈をして受け取ったら、自分の前に置いて立礼と同じ作法でご焼香し遺影に向かって合掌します。

終わったら隣の方へ回します。椅子席の場合は、自分の膝の上にのせてご焼香します。

 

YouTube:焼香の仕方

 

●お悔やみ言葉の例

Funeral2

・一般的なお悔やみの言葉

「この度はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でございます。心よりお悔やみ申し上げます」

「この度は、ご愁傷様でございます。さぞお力落としの事でございましょう。謹んでお悔やみ申し上げます」

「この度はご愁傷様でございます。大変お辛いでしょうが、お力落としされません様に」

 

・病気で亡くなった場合

「この度は、誠にご愁傷様でございます。さぞお力落としの事でございましょう。ご看病のお疲れが一度に出る時ですから、どうかご自愛くださいませ」

 

・事故や急死で亡くなった場合

「この度はご愁傷様でございます。あまりにも突然のことで悲しみにたえません。心より、お悔やみ申し上げます」
「この度はご愁傷様でございます。急なことでお慰めの言葉もございません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」

 

・故人が高齢だった場合

「このたびはご愁傷様でございます。○○様には長生きして人生の先輩として、これからもご指導いただきたいと思っておりましたのに残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。」

 

・夫や妻を失くされた方の場合

「このたびは突然のご不幸、ご愁傷様でございます。長年付き添われてきた奥様のことを思いますとお慰みの言葉もございません。どうぞ体を大事にされお心を強くお持ちになるようお願い申し上げます。」

 

☆神式でのお悔やみの言葉

神式の葬儀では故人の霊を霊璽に移すという遷霊祭(儀式)が執り行われます。

この遷霊祭が終わると故人は祖神となり、やがてはその家の守護神となると言われています。

そのため、神式葬儀でのお悔やみの言葉は次のようになります。

「御霊の安らかならんことをお祈り申し上げております」
「拝礼させていただきます」

 

☆キリスト教でのお悔やみの言葉

キリスト教では故人の死を悲しむような「ご愁傷様でございます」や「お悔やみを申し上げます」といった、お悔やみの言葉は不要とされています。

そのため、故人の安寧を祈る言葉や簡潔に述べるのがマナーです。

「○○様(故人)が安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます」
「○○様(故人)の御霊が安らかにとお祈りしますとともに、神様の御許にお導きがあらんことをお祈り申し上げております」

 

●忌み言葉

Funeral3

お悔やみの言葉で使うとマナー違反になりますので気を付けましょう。

・重ね言葉・不幸を連想させる言葉

「ますます」「重ね重ね」「いよいよ」「まだまだ」「くれぐれも」「次々」「たびたび」「かえすがえすも」「つくづく」「引き続き」「繰り返す」「しばしば」「追って」など

次のように言い換えるのがマナーです。

「まだまだ長生きしてほしかった」→「もっと長生きしてほしかった」

「くれぐれもお力落としのないように」→「どうぞお力落としのないように」

「重ねてお礼申し上げます」→「あらためてお礼申し上げます」

「たびたびお世話になりました」→「いつもお世話になりました」

「かえすがえすも悔やまれます」→「本当に悔やまれます」

 

また、「死亡」「死ぬ」「急死」「事故死」「自殺」「生きている」などの言葉もマナー違反になりますので、これらの言葉は次のように言い換えるのがマナーです。

「こんなに早く死んでしまうなんて」→「こんなに早くお亡くなりになるなんて」

「○○様の死去を伺い…」→「○○様の逝去(せいきょ)を伺い…」

「急死されたので大変戸惑っております。」→「突然のことで大変戸惑っております。」

「○○様が生きているころ…」→「○○様の存命中…」「○○様の元気なころ…」

 

※尚、生前に故人とは関わりがあったが遺族とは面識がないという場合には、お悔やみの言葉とあわせて自分の名前と故人との関係についても伝えておくこともマナーです。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus