Sponsored Links

水引自体が印刷されたものや、豪華な水引きがついているものなど多くの種類がありますが香典袋を選ぶポイントは、香典金額が5,000円くらいまでは水引が印刷されているシンプルなもの、10,000円以上の場合は実物の水引がかかっているものを選びます。

ちなみに、蓮の花が印刷された香典袋も多く見かけますがこれは神式やキリスト式のお葬式では使いませんので注意しましょう。

Funeral5

 

<香典の書き方>

 

薄墨、毛筆で楷書で書くのが正式ですが筆ペンでもかまいません。

ただし、表書きは薄墨を使用します。100円ショップで筆ペンタイプの薄墨筆も手に入りますので、それで表書きをしましょう。

 

・書き方

 

・表書きは「御霊前」(全宗教で使用可)、または「御香料」と書きます。

 

・名前(下段)

 

☆会葬者(自分)の氏名をフルネームで書きます。

※夫の出張などで妻が代理で会葬する場合は、会葬者の氏名の左下に「内」の文字を小さく書き添えます。

名簿にも同じように書きます。

 

☆夫婦揃って会葬する場合は、夫の氏名だけでもかまいません。

※夫婦が二人とも故人とご縁が深かった場合には連名にします。

また、親族の葬儀に夫婦で揃って会葬する場合は夫の氏名だけでもO.Kです。

 

☆取引先の方が亡くなった場合には、会社名だけを書いて香典を出すことはありませんので会社名の左側に会葬者の氏名を書き添えます。

役職と氏名は一行で書くようにしますが、どうしても一行に収まらない場合には行を分けて書くようにします。その際、氏名は中央にくるようにします。

(例)「○○株式会社

代表取締役社長 日本 太郎」

または「○○株式会社

日本 太郎

代表取締役社長」

※上司の代理で会葬する場合は、会葬者の会葬者の氏名の左下に「代理」の文字を小さく書き添えます。名簿にも同じように書きます。

 

☆四名以上の連名の場合は、表書きは「友人一同」とし別紙に全員の名前を書いて中袋に入れます。

個別の金額を書いておいてもかまいません。(あとで遺族がお礼状を書きやすいように各自の連絡先住所も記載します)

また、喪家が香典返しで困らないように「香典のお返し等はご無用に願います」と書き添えておくのも親切です。

 

<香典の入れ方>

 ・入れ方

中包みの裏には住所・氏名を楷書で書き、表には金額を漢数字で書くのが正式です。

上包みの裏側は「悲しみを流す」意味で下向きの折り返しを外側に重ねます。(中包みを左、右の順で左右から包み、先に下側を折り最後に上側を下側にかぶせます)

※慶事と逆なので気を付けましょう。

Funeral6

※こちらがお札の表側

 

・お札の向き

まず、お札の人物が印刷された方が表側になります。

そして、中包みを開けたときにお札の表側が見えるように入れますが、その時に人物が印刷された部分を下にして包みます。(袋からお札を出そうとしたときに、お札が表側で人物が最後に出てくるようにします)

※もちろん、紙幣を何枚か包む場合は同じ向きにしておきましょう。

 

<香典の金額・相場>

 ・金額(相場)

香典の額は一般的に故人や遺族と密接な関係であるほど高くなります。あくまで相場ですので目安になさってください。

金額や紙幣の数は偶数、また4や9のタブーとされる金額・数を避けましょう。

 

・両親が亡くなられた際 100,000円

・兄弟・姉妹が亡くなられた際 30,000円~50,000円

・祖父母が亡くなられた際 10,000円~50,000円

・親戚が亡くなられた際 10,000円~30,000円

・友人・知人が亡くなられた際 3000円~

・勤務先の上司が亡くなられた際 5000円~

・勤務先の社員や同僚が亡くなられた際 5000円~

 

※香典に包む紙幣は用意していたような印象を与える新札はタブーとされてきましたが、最近はあまりこだわらないようです。気にする方もいるので新札に軽く折り目を入れて包むと良いでしょう。

 

<袱紗(ふくさ)は必ず用意しましょう>

Funeral7

スーツの内ポケットからむき出しのままの不祝儀袋を受付に渡す方も少なくないですが、社会人のマナーとして必ず袱紗(ふくさ)に包んで不祝儀袋を持参します。

紫色の袱紗を一つ用意しておけば慶弔どちらにも使えますので手に入れておきましょう。

 

<受付がない場合>

家族葬などの場合は受付を設けていない場合もありますし、通夜の時間に間に合わず遅れて行った場合もあるでしょう。

このような場合は、直接遺族へ手渡しします。祭壇に置く場合もありますが現金なのでおすすめはしません。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus