Sponsored Links

正式(モーニング・和装など)と略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)がありますが、参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で『略式の礼服』を着用します。

仮に正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上にならないようにするため略式の喪服を着用するよう気を付けましょう。

Funeral11

<服装・通夜>

仮通夜

仮通夜は亡くなった直後に行われるものです。不幸を聞き、取り急ぎ駆けつけるときは地味な平服でかまいません。

喪服を着て行くと不幸を予期していたようで、かえっておかしいとされています。

 

通夜

急でない限りはブラックフォーマルを着用することが一般的です。

 

男性

ダークスーツ(色は濃紺・ダークグレーなど。ネクタイは黒や地味な柄)

 

Funeral12

 

女性

紺・グレーなどの地味な色のスーツ・ワンピース(黒無地のブラウス・スカートでも可。ストッキングは黒または肌色)

Funeral13

 

<服装・葬儀>

葬儀・告別式

男性

ブラックスーツ(スーツはダブル・シングル・三つぞろいのいずれも可。白シャツに黒無地のネクタイ。靴は金具のない黒)

 

女性

黒のワンピースやアンサンブル・スーツ(肌をあまり見せないのが原則で、夏場も五分袖まであるものが良いでしょう。ストッキングと靴は黒)

 

<数珠>

 

男女兼用のものはありませんので、必ず男性は男性用・女性は女性用を着用しましょう。

男性用は珠が大きく房が茶色や黒のものが多く、女性用は珠が小さく色もいろいろあります。また房の部分が白のものと紫のものとがありますが、使う場面によって使い分ける場合もあるようです。(通夜・葬儀:白い房、法要:紫の房。これは、宗派や地域にもよりますので絶対ではありません)

Funeral14

 

☆数珠は、基本的に左手で持ちます。

移動中は手首にかけるか左手で持ちます。席を離れるときは椅子や畳の上に置くのはマナー違反になりますので、必ずバッグやポケットの中にしまってください。また子供がおもちゃにして遊ばないように気をつけてあげて下さい。数珠は、仏様を拝む大切な道具であることを忘れないでください。

 

<服装・マナー違反>

仮通夜、通夜、葬儀・告別式に共通すること(アクセサリー類)

男性

ゴールドの時計やブレスレットなど、結婚指輪以外のアクセサリーは外しましょう。

ネクタイピンはつけないのが通例です。

 

女性

アクセサリーは結婚指輪程度にします。濃いメークも控え、カラフルなネイルなどもタブー。

髪は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめます。

パールのネックレスを身に着ける場合は一連の物にします。(二連の物は重なることを嫌う弔事では厳禁です)

香水はもちろんですが、殺生を連想させる毛皮のコートも弔事では身に着けてはいけません。また、光沢のある物も避けましょう。

バッグは黒で華美な飾りがないものを。やむなくショルダーバッグで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで持つなど持ち方を工夫し、ご遺族に失礼にならないよう心遣いをしましょう。

 

<子供・赤ちゃんの服装>

Funeral15

学生の場合は制服着用でかまいません。

制服が無い場合は、ブレザーと白シャツ(ブラウス)に無地の黒・紺・グレーのズボン・スカートなどが望ましいです。(明るい色のリボンや髪飾りを付けるのは避けましょう)

新生児や乳児用には白いものを着用させることが望ましいです。手に入るようであれば、グレーや薄い水色を選んでください。

 

<冬場の参列>

ビジネスマナーと同じく、葬儀会場の建物内に入る前に脱ぎます。

ご焼香場所が屋外などの場合は、ご焼香時のみコートを脱ぎそれ以外は着用していてもかまいません。

コートの材質は、毛皮や革などの革製品は殺生を意味し死を連想させることから着用はマナー違反になります。

もちろん、マフラー・手袋など他の防寒具も同様です。

 

<仕事帰りなどに通夜へ参加する場合>

急な知らせで仕事帰りに直接出向く方や、最近では通夜だけに参列されるという方も増えています。

そのような場合は、黒服や派手な服装でなければかまいません。

ただし、いくつか気を付けたい点もあります。

 

男性

派手なネクタイは避けて、駅の売店やコンビニ、葬祭場などで黒ネクタイを購入しましょう。

急なときの為にも会社に一本、黒ネクタイを準備しておくと良いかもしれませんね。

小物類も、金色の時計や派手なネクタイピンなどは外しておきましょう。

 

女性

髪型やお化粧は派手にせず、あくまでもナチュラルメイクにします。長い髪の方は後ろで束ねることも忘れないように。(髪飾りも付けないようにします)

エナメルのバッグも避けましょう。また、露出の観点からも夏場でも半袖やミニスカート、生足はNGです。ストッキングは黒を用意しましょう。こちらも、男性と同じく会社に黒のストッキングを準備しておくといざというときに安心ですね。

 

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus