Sponsored Links

結婚式の二次会といえば友人たちが発起人となって新郎新婦を祝うものでしたが最近ではそういった二次会は少なく、どちらかといえば新郎新婦が主催の「披露宴に招待できなかった友人たちを招いて行うカジュアルパーティー」という位置づけのものになっています。

そうは言っても新郎新婦も結婚式の準備で大忙し!
そこで、親しい友人に幹事をしてもらい二次会の計画から進行までをお願いするようです。

しかし、前述しましたように今の二次会は新郎新婦を祝う為ではなく、新郎新婦が招待客をもてなす為の「規模の小さなパーティー」という意味合いが強いので、全てを幹事に丸投げするのではなく当日までしっかりと幹事と話し合い当日の仕切りは幹事に任せるようにしましょう。

After-party1

また、幹事を頼みたい相手が仕事や育児で忙しい場合もありますし、誰かにお願いするのは気が引けるというカップルもいらっしゃるでしょう。そういう方には、二次会の幹事代行会社を利用するのもおススメです。ただし、手間は省けますがパックプランになっている場合は希望通りの演出にしてもらえないこともあるので事前に確認しておいた方がいいですよ。

誰に頼む?

いざ幹事を頼むとなるとどういった人がいいのだろうかと悩みますよね。

幹事として依頼する相手で一番多いのが仲の良い友人。
次いで会社の同僚です。
中には後輩に頼む方もいらっしゃるようです。

必ず新郎新婦の両方から幹事を出さなければならないということはありませんが、できれば幹事グループは男性と女性の両方がいた方がベストです。

どちらか一方だと男性しか楽しめない余興になってしまったり、またその逆もありますので複数名に幹事を依頼する場合は、新郎の男友達と新婦の女友達にお願いをすると良いでしょう。

もちろん、幹事同士に面識がない場合もあると思いますのでその際は二人が間に入ってフォローすることが必要です。
(打ち合わせを兼ねた食事会を開くと打ち解けやすいかもしれませんね)

また役割を分担する為にも幹事の人数は最低でも2名、できれば4名くらいがベスト。

After-party2

幹事を頼むポイント

お金のやり取りも発生する上に仕事の多い幹事は信頼のおける長い付き合いの方に頼むが一番です!
幹事の仕事は会場選びに始まりゲストの出欠確認、ゲームなど余興の企画、景品の手配など実に多岐に亘るのです。

そこで、幹事を選ぶポイントですが…

・二人が信頼できる

・幹事の経験がある(企画やイベントが好きである)

・二次会会場に通える場所近くに住んでいる(当日までに会場の下見が何度か出来る)

また、仲の良い相手だからといって軽い態度でお願いしてはいけません。
幹事を依頼する際にはメールだけではなく電話や直接会ってお願いするのが礼儀ですし、相手も気持ち良く幹事を引き受けることができるでしょう。

直接会ってお願いする前にあらかじめメールなどで「幹事をお願いしたい」ということを打診しておくといいかもしれませんね。

あと、幹事に全てを任せっぱなしにしてしまうのは厳禁です。
予算だけ提示して文句ばかりだと言われ、今後のお付き合いも疎遠になってしまう可能性がありますので十分注意しましょう。

「会場はここがいい」「余興はこういうのがいい」と具体的にリクエストし幹事の負担を減らしながら、実務的な部分を依頼するのが理想ですね。

幹事を引き受けてくれた方への感謝を忘れず、フォローやお礼はきちんとしましょう。

余興やゲームとその景品の用意

準備不足で当日慌てることがないように景品の用意や演出に使う機材の動作確認は前日までに必ずしておきましょう。
もちろん、幹事任せにせずお二人も確認しておいた方が良いですよ。

また、面白い余興や新しい余興にチャレンジしたいと思うのは幹事側のエゴだったりします。
(楽しいのは当事者だけということはままあります)

二次会はあくまでゲストの為のもの。
ゲストを喜ばせることで結果的に新郎新婦の幸せにもなるのです。

ゲストは余興を見に来ている訳ではないので、結婚式の二次会だからとハメを外し過ぎたりせずやるならみんなが楽しめるものにしましょう。

二次会でゲームを楽しむならこういうのはどうでしょう?

・新郎新婦にちなんだクイズ

問題には笑える要素を盛り込みましょう。

例えば、「新郎から新婦への初めての誕生日プレゼントは?」という質問に対しての選択肢は「手書きのラブレター」「ペアリング」「自作のラブソング(ギターの演奏付)」なんてどうでしょう?
クスッと笑えるような問題を幹事さんと一緒に考えてみてくださいね。

・会場全体を使った全員参加型の○×クイズ

会場を○と×の半分ずつに分け、各クイズで「正解が○だと思う人は右へ。×だと思う人は左へ」という風にして回答してもらうクイズは一体感もあり盛り上がるはずです。

ただ、狭い会場だと実行するのは難しいですし最初の質問で大多数が不正解になるとその後の盛り上がりに欠ける場合もありますので注意してください。

After-party3

・定番のビンゴゲーム

定番のビンゴゲームでも十分盛り上がることができますが、ちょっと趣向を変えたい場合は名前ビンゴなんてどうでしょう?

白紙のビンゴカードに各自が参加者の名前を記入しておきます。

そして司会者が参加者の名前を読み上げていき、その名前がカードに書かれていればビンゴです!

After-party4

・景品

景品はデジカメ、ゲームソフト、ゲーム機、旅行券(またはグルメ券など商品券)が多いようですが、女性陣の為にブランド品の小物なども用意しておくと喜ばれます。

また、ゲーム機は機種(DSやWiiなど)によっては持っている方がほとんどなので景品に含むかどうかはよく考えた方がいいでしょう。

After-party5

不要なトラブルを避ける為にも、幹事としっかり話し合い準備を進めていくようにしましょうね。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus