Sponsored Links

ウェディングドレスを着ることは世の女性にとって憧れであり、またそのドレスを自ら選ぶことに最上の幸せを感じることでしょう。
実は、花嫁の纏う白く美しい純白のドレスは挙式のスタイルや式場の雰囲気まで計算して選ばれたものなのです。

年齢を重ねたからこそ似合うドレス、ぽっちゃり体型さんに似合うドレス、背が低い、肩幅が気になる…などのコンプレックスさえも魅力にしてしまう。
そんなドレスはきっとあります!

ドレス選びに迷うあなたに合ったドレスを選ぶポイントを種類別にご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Wedding dress1

ドレスの基本シルエットは?

ドレスのシルエットにはいくつか基本的な種類があり、選ぶシルエットにより雰囲気が全く違ってきます。
好みや気になる点を考慮しながらお気に入りの種類を見つけてくださいね。

☆Aライン

Wedding dress2

Aラインのウェディングドレスの特徴はウエストの位置が高く、上半身から裾にかけて徐々に広がっていくシルエット。
(その形がアルファベットのAに見えることからAラインと呼ばれます)

シンプルで上品なシルエットは体型を選ばない人気の高いドレスです。

刺繍やフリル、スパンコールが装飾されることで印象が変わりますが、ドレスの形としてはもっともスタンダードなものです。

また、ウエストの切り替えがないことで縦の流れが強調され身長が高く見える効果もありますので背が低い女性にもおススメ。

☆プリンセスライン(マタニティドレスとしても)

Wedding dress3

ウエストにラインの切り替えがあるので、スカート部分が裾に向かって大きく膨らんだデザイン。正統派と言われるウェディングドレスです。スカート部分のエアリー感が可愛らしく華やかな印象を見る側に与えますので、天井の高い式場や大人数のゲストを招待する宴会場でもドレス姿が映えること間違いなしですよ!
誰にでも着こなせるデザインとふんわりとしたシルエットでマタニティドレスとしても人気があります。

☆マーメイドライン

Wedding dress4

上半身から腰まではぴったりと身体にフィットし、裾へ向かって魚の尾びれのように広がるデザインからマーメイドラインと呼ばれるウェディングドレス。
メリハリのはっきりしたデザインの為、女性らしい自然でしなやかな曲線美を見せられます。特に背の高い女性におススメ。
そのマーメイドラインの裾の部分にのみギャザーやフレアーを入れてボリュームを出し、広がりを控えめにしたものがソフトマーメイドラインと呼ばれるデザインになります。
女性らしく且つ華やかさも演出したい花嫁は裾にフリルやドレープがたっぷり入ったタイプを、タイトでスタイリッシュな印象を与えたい花嫁はソフトマーメイドラインの中からドレスを選んでみましょう。

☆エンパイアライン(マタニティドレスとしても)

Wedding dress5

ほとんどのウェディングドレスがウエスト切り替えのデザインですが、こちらのエンパイアラインのドレスは胸下からの切り替えでスカート部分が多いのが特徴。

縦のラインが強調されたデザインは落ち着いた印象で年齢を問わず上品な印象を与えます。

また、身長の低い方やウエストを締め付けにくいのでマタニティの方にもおススメです。

カラードレスを選ぶなら?

カラードレスを選ぶポイントは顔映りや肌の色などもありますが、まずは会場の雰囲気を考えることです。

自然光が溢れる会場やガーデンパーティーには淡く優しい色合いのドレスが映えますし、ホテルのバンケットルームやモダンな雰囲気の会場ではビビットな赤やネイビーなどの大人っぽい色が似合うでしょう。

Wedding dress6

他にもウェディングドレスとのギャップを考えて選ぶというのもありですが、あまりギャップが激しすぎるとバラバラな印象を与えてしまうので、花嫁の演出したいトータルイメージを大切にしつつドレスを選ぶのがポイントです。

Wedding dress7

またデザインや色によっては、若すぎて痛々しい印象を与えてしまったり老けて見られたり、インパクトがあり過ぎて新郎の存在感をなくしてしまったりの失敗談もあるようですので注意しましょう。
ドレスショップや式場にはカラーコーディネーターがいる場合もありますので、迷ったらプロにアドバイスをお願いすると良いでしょう。

髪型

・ロングヘア

結婚式の為に髪を伸ばす女性は多いはず。
髪が長い分ヘアメイクの幅は広がります。

最近の流行りだとフロントからサイドへ編み込みを作り後ろはゆるくカールを巻いたポニーテール風に仕上げたものや、ディズニー映画のラプンツェル風の髪型やアナと雪の女王のエルサ風でお馴染みのダウンスタイルも人気です。

Wedding dress8

・セミロングヘア

ハーフアップで女性らしく上品なイメージに仕上げてはどうでしょう。

特にボブヘアのハーフアップは大人っぽい印象になれるのでおススメ。

可愛い印象にするなら三つ編みにしてみたり、リボンやカチューシャなどの小物で華やかにもできますよ。

Wedding dress9

・ショートヘア

ボブヘアと同じく小物やエクステを使えば様々なヘアメイクを楽しめます。

せっかくの結婚式なので、普段はヘアアクセサリーなんか使わないという方も思い切って女性らしい印象のヘアスタイルにしてみてはどうでしょう。

Wedding dress10

※三つのどのヘアスタイルにも共通することですが、通常花嫁の右側に新郎が立ちますので花飾りなどは花嫁の左側に飾るようにしましょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus