Sponsored Links

結婚式のお呼ばれにはちゃんとしたマナーがあります。
よく耳にするのは「花嫁と同じ白のドレスやワンピースはNG」ではないでしょうか?

その他にも守るべきマナーは沢山あります。
ちょっとくらいなら…は、社会人になったら通用しませんので、しっかりマナーを守って結婚式に参加したいですね。

Wedding etiquette1

NGなドレス

●白:白は花嫁だけに許された色ですので、ゲストは避けるべきです。
また、クリーム色や薄いピンクなど白っぽいドレスは写真に写ったときに「白」く見えてしまうので避けた方が無難です。

ボレロなども、透けた素材のものなら構わないのですが、綿のように透けにくいものだと白っぽく見えてしまうこともあるのでよく確認しましょう。

どうしても薄い色のドレスを着用するのであれば、羽織物に濃い色のものを持ってくるなどの工夫が必要です。
全身が白っぽいコーディネートにならないよう心掛けましょう。

●柄物:ドレスっぽく見えるから大丈夫だろうと普段でも着るようなワンピースや柄物のドレスはやめましょう。

結婚式にはドレスコードがあります、カジュアルな装いは相応しくありません。
似たような理由から肩出しのドレスや体の線が出てしまうようなタイトスカートなどの服装も避けたいものです。

Wedding etiquette2

※ただし、カジュアルな披露宴や二次会、夜の披露宴ではこの制限はありません。
(ナイトウェディングでは肩を出す方がフォーマルと言われています)

●バイカラー(二色):厳密に言うとマナー違反ではないのですが、バイカラーを避けるのにはちゃんと理由があります。
二色に分かれた色から「別れる」を連想させる為、日本人には好かれないからです。

●黒:フォーマルだからと全身黒ではNGです。
不祝儀を連想させるのでご年配の受けも悪く、また会場でも「結婚式なのだからもう少し華やかにできないのか」といった不評の声も多いそうです。

全身黒でまとめるならリボンやレースが付いたドレスや、小物を使って華やかな印象に見せましょう。
また、ボレロなどの羽織物を光沢のあるものやラメ入りの素材にすれば大丈夫です。

●ファー:秋冬などの寒い時期に使いがちですが、殺傷をイメージするファーは基本的にNGです。
また、毛が抜けて料理に入る心配もあります。

ボレロなどの羽織物、ストール、バッグ、靴の素材にファーが使われているものも避けた方が良いでしょう。

NGな小物

●ストッキング:夏でも生足はNG!ベージュのストッキングを着用しましょう。

※黒は不祝儀を連想させるので×。
他にもカラータイツや網タイツ、全体を覆う柄物、厚手のタイツは避けましょう。
(伝線したとき用の予備を持って行くことも忘れずに)

●靴:ブーツやぺったんこ靴、サンダルなどカジュアルなものはNGです。
つま先が見える「オープントゥパンプス」もNGになります。
これは、「つま先」→「妻先」→「妻が先に逝く」に繋がることが理由になります。

Wedding etiquette3

※妊娠中など特別な理由がない限りはヒールのない靴はマナー違反になります。
フォーマルな場では細く高さのあるヒールを選ぶと脚のラインも美しく見えエレガントな雰囲気で好印象ですよ。

NGな髪型

●基本はアップスタイルで!:ダウンスタイルで出席する女性ゲストも少なくはありませんが、きちんとセットされていないと思われてしまう場合もあるようです。

美容院などでやってもらえばダウンスタイルでもきれいにまとまっと見えるかもしれませんが、基本的に髪はアップにするのがマナーですのでダウンスタイルは避けましょう。

Wedding etiquette4

※料理を頂く際にダウンスタイルだと食べにくいですし、それを見ている他のゲストからも見苦しいと不評の声もあります。

●髪飾り:髪をアップにすれば髪飾りは何でも構わないという訳ではありません。
まず、花の髪飾り・ティアラ・真珠の髪飾りは花嫁さんのアイテムなのでゲストが使用するのはNGです。
また、カジュアルアイテムになってしまうカチューシャ・バレッタも基本的にNG。

●バッグ:大きいバッグはマナー違反になります。
椅子の背もたれに置いても気にならないサイズのものにしましょう。

●腕時計:腕時計は「時間を気にしている」という意味にもなるので外しておくのがマナーです。
アクセサリーのような可愛らしい腕時計もありますが、お洒落とマナーは別物と考えましょう。

Wedding etiquette5

その他のマナー

●受付での挨拶:受付でご祝儀を渡すときには「この度はおめでとうございます」と言ってご祝儀を受付係の人から見て読める方向に渡します。
(ポケットからいきなりご祝儀を出すのはマナー違反です。ご祝儀はきちんと「袱紗(ふくさ)」に入れ受付で袱紗から取り出して渡すようにしましょう)

※冬などの寒い時期だとコートを着たまま、もしくは腕にコートを掛けたまま挨拶をする人がいますがこれはNGです。
コートは脱いでクロークに預けてから受付をします。

●ご祝儀の相場:新郎新婦が友人か親族かによって金額も違ってきます。

・新郎新婦が友人の場合:相場として2~3万円

・新郎新婦が親族の場合:3~10万円(夫婦で招待された場合には5~10万円)

Wedding etiquette6

※一万円札を2枚包むことに抵抗がある方は、5千円札を2枚・一万円札を1枚合計3枚にすれば奇数の「三」になります。
「四」、「九」はタブーの数字です。この金額を包むことは絶対に避けましょう。

お祝いする気持ちは大切ですが、だからこそきちんとしたマナーを身に着けて出席したいですね。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus