Sponsored Links

結婚式の招待状をもらったけど返信はどうやってすればいいの?と悩むことがあると思います。
招待状の返信ハガキには二重線で消す箇所や、文字を追加しなければならない箇所などたくさんのマナーがあります。
どういった所に気を付ければいいのか、招待状の返信ハガキの正しい書き方を調べてみたので参考になさってください。

Wedding invitation1

返信の期限

出欠を早めに把握したい新郎新婦にとって返信が早いことはありがたいことです。

招待状が2~3日以内(遅くとも1週間以内!)に返事を出すようにしましょう。

当然ですが、メールや電話だけで返信をするのはNG!必ず招待状と一緒に送付される返信ハガキに必要事項を記入して返信しましょう。

宛名の書き方

宛名の「~行」は二本線を引き、横に「様」と書き直します。
様は相手への敬称になりますので、宛名より少し大きめに書きましょう。

また、ペンは基本的に毛筆や万年筆で書くことが望ましいようです。ボールペンも黒色なら可。
不祝儀を表すグレーなど黒色以外で書くのは避けましょう。

Wedding invitation2

出席の場合の書き方

まず、「御」や「御芳」「ご」を二本線で消します。
(欠席の場合は「ご欠席」全てに二本線)

出席を○で囲み、その横に「慶んで(よこんで)」と書き加えるとより丁寧で好印象です。

※「御」は受け取った側へ宛てた敬語なので返信の際には消し忘れのないように!
(「御芳」も消し忘れが多いそうなので気を付けましょう)

余白には自筆のメッセージを添えると新郎新婦に喜ばれますが、親御さんが見られる場合もありますのであまり砕けすぎたメッセージにならないようにしましょう。
また、「欠席」の部分を二本線ではなくイラストなどで消す方もいらっしゃるようですが、マナー違反になりますので注意しましょう。

Wedding invitation3

出席・お祝いメッセージの文例

・友人や同僚:ご結婚おめでとうございます
       喜んで出席させていただきます
       ○○さんのウェディングドレス姿がとても楽しみです

・先輩や上司:お招きいただきありがとうございます
       お二人の晴れの門出に立ち合わせていただくことをとても嬉しく思っております
       喜んで出席させていただきます

招待状の返信マナーでちょっと差をつけたいなら

ちょっと差をつけたいなら「寿消し」がおススメ!

「御」や「御芳」の文字を二重線で消す代わりに「寿」の文字を上から書くだけ。

こちらはイラストと違ってマナー違反ではありませんので試してみてくださいね。

Wedding invitation4

欠席の場合の書き方・マナー

「御」や「御芳」「ご」の箇所を二本線で消すのは出席の場合と同じです。

あとは、欠席理由を書き添えましょう。
ただし、欠席が分かっていても、招待状が届いてすぐ「欠席」と返信をするのは失礼にあたる可能性があります。

また、忙しいや多忙といった言葉は招待してくれた新郎新婦に失礼になるので使わないようにします。

Wedding invitation5

欠席・お祝いメッセージの文例

「出席したいけれども、都合がつかないためやむを得ず欠席する」という気持ちをお祝いの言葉とともに書き添えましょう。

・友人や同僚:ご結婚おめでとうございます
       お招きいただきどうもありがとうございます
       やむを得ない事情により欠席させていただきます

・先輩や上司:この度はご結婚おめでとうございます
       あいにく先約の結婚式がございまして 欠席させていただきます。

招待状が届いた時点で欠席が確定している場合であれば、まずは新郎新婦にそのことを連絡しましょう。

連絡の際にはまずお祝いの言葉を述べ、次に「欠席するかもしれない」ということと、「予定を調整できるように努める」という二点を伝えます。

その後、少し間をあけ改めて「欠席」の返信を出すようにすると、新郎新婦に「どうしても都合がつかなかった」という気持ちがより伝わりやすくなります。
欠席の場合も、到着後1週間くらいで返信はがきを出すことをおすすめします。

招待状は早めに返すのがマナーですが、届いてから1週間以上経ってしまったり返信期日を過ぎてしまった場合は電話で直接謝り、招待状にも謝罪のメッセージを書き添えて返信しましょう。
マナーはもちろんですが、祝福の気持ちがハガキから伝わってくるようなメッセージだと新郎新婦も喜んでくれるはずですよ。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus