Sponsored Links

咳も出るし喉も痛い…風邪を引いたのかもと思われる前に、その咳は本当にただの風邪からくる咳でしょうか?もしかすると、その咳は気管支炎の症状かもしれません。

なかなか見分けにくい気管支炎の症状を調べてみましたので参考になさってください。

Bronchitis1

○気管支炎は急性のものと慢性のものがある

 

急性に起きる気管支炎の大半はウイルスやマイコプラズマなどによる感染症です。

風邪は急性の「上気道感染症」と呼ばれますが、炎症が起きる場所がより末梢の気管支などの下気道である時に「気管支炎」と呼ばれます。

また、慢性の気管支炎は「数週間から数カ月の間咳や痰などの症状が続く」場合を差しますが、急性から慢性に移行することもあるので注意が必要です。

Bronchitis2

○症状と治療

 

風邪などによるウィルス感染から気管支粘膜に炎症が起こし、痰(たん)を伴う咳がみられる状態が気管支炎ですが、治療はウイルス感染の場合、抗生物質が効かないため解熱剤・消炎鎮痛剤などによる対症療法が中心となります。

ただし、インフルエンザを発症し気管支症状が出ている場合には、インフルエンザの抗ウイルス薬が投与されるでしょう。乾いた咳の場合は、咳止め薬が有効ですが咳によって痰を排出しないといけないため、咳止め薬は逆効果になることもあります。

 

○喘息との違い

 

ウイルス感染から起こる気管支炎と違い、喘息の原因は多くはダニやハウスダストなどのアレルギーが原因で気管支に炎症が起こります。それにより気道の過敏性が高まり気管支が収縮、気管支の内腔が狭くなるために喘鳴が起こり呼吸が苦しくなるのです。

喘息の治療は、「症状が起こらないように毎日行う治療」と「症状や発作が起きた時に行う治療」の2つになります。

Bronchitis3

症状が起こらないようにするには、慢性の気道の炎症を抑えることが大切で基本の治療薬は「吸入ステロイド薬」です。もう一つの発作が起きたときには、気管支を広げ炎症を鎮めるという2つの効果がある長期管理薬を使用します。

 

気管支炎も長引くと慢性化してしまいので、ただの咳と侮らず続くようでしたらお近くの医療機関を受診しましょう。

Bronchitis4

なお、気管支炎と喘息に適した診療科は内科・呼吸器科・耳鼻科になります。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus