Sponsored Links

溶連菌感染症とは、化膿レンサ球菌によって引き起こされる感染症の事で、「急性咽頭炎」や「急性扁桃炎」「伝染性膿痂疹(とびひ)」などを引き起こします。

 

Hemolytic streptococcus1

 

○溶連菌感染症の症状・ポイント

・38~40℃の熱、のどの痛み・嘔吐など風邪と似た症状。

・溶連菌感染症は、合併症を引き起こす原因になりやすい細菌です。完治するまで10日間~2週間ほど抗生物質をしっかり飲み続ける必要があります。

・完治したかどうかの判断は、症状が落ち着いた2~3週間後に検査しないと分かりません。症状が治まっても油断せず、医療機関で診察を受けましょう。

 

○子供に多い喉の病気ですが大人も要注意!

5~15歳の子供に最も多いと言われる溶連菌感染症ですが、今年は密かに大流行の兆しがあるようです。

大人も感染するこの感染症は風邪に似た症状があり、喉の痛みや発熱の他にイチゴ舌(舌に発疹が出てイチゴのようになる)・全身倦怠感・嘔吐・手足に発疹など様々な症状が現れます。ただし、咳や鼻水があまり見られないのも特徴の一つです。

 

○大人が感染した場合の症状

大人が感染した場合、発熱や嘔吐などの症状はほとんど見られず、喉の痛みだけを訴える場合が非常に多いです。

そのため、溶連菌に感染しているということが分かりにくいのも特徴です。

 

○感染経路

溶連菌感染症は咳やくしゃみなどの飛沫による飛沫感染もしますし、嘔吐物など感染者から排出された細菌に触れてしまいそこから経口感染・接触感染します。

子供から子供への感染だけでなく、子供を看病する親、抵抗力の低下した大人や妊婦も感染する恐れがあるので注意しましょう。

 

Hemolytic streptococcus2

 

○潜伏期間と治療期間

溶連菌感染症の潜伏期間は2日~4日。投薬治療などにより熱は1日~2日で下がりますが医療機関を受診した日とその翌日は登園・登校はしてはいけないと学校保健安全法で定められています。

その後は登園・登校可能ですが、2週間~3週間の間は処方された抗生物質の服用を続け、体内から完全に溶連菌を排出する必要があります。

薬を飲むのを勝手にやめてしまうとリュウマチ熱や猩紅熱(しょうこうねつ)と言った重篤な合併症を引き起こすこともあるので注意してください。

Hemolytic streptococcus3

○治療と予防

抗生物質で治療していきます。薬を飲み始めて1~2日ほどで熱は下がり喉の腫れや痛みも治まりますが、喉の痛みが酷いときは熱いもの、辛いもの、酸っぱいものなどの刺激の強い食べ物は避け、おかゆなどを食べるときは十分に冷ましてから食べるようにしてください。また、喉の痛みから思ったように水分が取れず脱水症状になる恐れもあるので水分補給には気を付けましょう。

Hemolytic streptococcus4

溶連菌感染症には予防接種がありません。ですので、他の感染症と同じように手洗い・うがいを徹底しましょう。飛沫感染を予防する為にマスクを着用し、溶連菌感染症にかかってしまった家族がいる場合は同じコップや食器を使うことは避けてください。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus