Sponsored Links

喉の痛みと言えばイソジンでうがいすることも有効ですが、あの特有の味が苦手な方もいらっしゃると思います。

そこでおススメなのがはちみつ大根。

大根の消炎作用とはちみつの殺菌効果で喉の痛みや咳がとても楽になるんです。

お薬の使えない妊婦さんにも安心して食べていただけますので、風邪で喉が痛い時はぜひ試してみてください。

Honey radish1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<どうしてはちみつ大根が喉の痛みに効くの?>

 

大根の汁には消炎作用があり、はちみつには抗菌物質が含まれるので消炎・殺菌の効果があります。

はちみつ大根を、一日3回程度服用すれば喉の痛みが和らぎ咳も楽になります。

Honey radish2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

※注意点

はちみつを一歳未満の乳児に与えると乳児ボツリヌス症を発症する危険があります。

一歳に満たないお子さんへはちみつ大根を与えるのは止めておいた方が良いでしょう。

 

<はちみつ大根の飲み方>

 

できあがったはちみつ大根のシロップをスプーンですくって飲み(舐め)ます。

大根の苦味が少し出ていますが、ほとんどの方は気にならないそうです。

もし、大根の苦味が気になる方はお湯で割ったり紅茶などに溶かして飲んでもかまいません。

ヨーグルトにかけても美味しいですよ。

喉の痛みが酷い場合は、薄めたりせずにそのままシロップを飲む(舐める)ことをおススメします。

Honey radish3

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<はちみつ大根のレシピ>

 

○材料

・はちみつ 適量

・大根   5、6㎝くらい

Honey radish4

(出典:http://cookpad.com/recipe/2948492)

 

①大根をいちょう切りにする。

②はちみつをたっぷり、大根がひたひたになるくらいまで回しかける。

③一時間放置しただけでも水分があがってきます。

④3時間ほど漬け込むと大根がシワっぽくなってかなりシロップができます。

 

※置く時間が長ければ長いほど大根から汁が出ますが、大根臭が強くなるのでシロップが美味しく飲めなくなります。

3時間ほど経てば大根を取り出しましょう

 

☆飲み終わった後に残った大根は…

飲み終わった大根をお酢と柚子の皮(千切り)で漬ければ、大根の甘酢漬けが出来ます。

 

<はちみつ大根はそのくらい日持ちする?>

 

気になる賞味期限ですが、あまり日持ちはしないので2~3日中に食べきれるよう少量ずつ作るようにします。

はちみつには滋養強壮の効果もありますので、風邪で弱った体にもおススメです。

咳が止まった後もしばらくは飲み続けると良いでしょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus