Sponsored Links

マシュマロの原料であるゼラチンにはコラーゲンが含まれていて、美容に良いということはご存知だと思いますが、そのマシュマロをローションにして使ったり、喉が痛い時に食べると痛みが軽減されることはあまり知られていないかもしれませんね。

食べても美味しいマシュマロを、美容や健康にも使ってみませんか?

Marshmallow1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<喉の痛みにマシュマロ>

 

元々マシュマロは炎症を抑える効果があるとして薬として食用されていたのが、ヨーロッパで改良されて今のようなお菓子になったそうです。

マシュマロの原料であるゼラチンが腫れて炎症を起こした喉を覆うので喉の痛みが軽減されるそうです。

喉が痛いなぁと感じたら、マシュマロを3~4個食べてみるといいですよ。

Marshmallow2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<手作りマシュマロ美容液ローション>

お肌プルプル!まつげも濃くなると噂のマシュマロ美容液ローションを作ってみましょう!

 

○材料(出来上がり300ml~350ml)

・水道水      400ml

・マシュマロ(大) 5個(30g弱)※円筒型で高さが3cmくらいのものだと5個くらい

・クコの実     10g(約30個~)※クコの実の大きさなどで個数は変わってきますが大さじに大盛りくらい

・キウイ      1/2個(皮をむく)

・ホワイトチョコ  10g

 

○準備するもの

・小なべ

・ミキサー ※ミキサーがない人はザルとボウルを重ねてヘラでつぶしてもできます。

・クッキングペーパー ※清潔なタオル

・ザルとボウル ※コーヒー用のドリッパーとポットなどでも

・保存するための容器

 

○作り方

①小なべに水を入れ沸騰直前まで温める。※温度は90度くらい。小さい気泡が勢いよく出くるくらい

クコの実を入れて5分間待つ。

Marshmallow3

(出典:http://www.speciale.jp/cosme/cosme02lo_mar.html)

 

②①をミキサーに移してマシュマロ、キウイ、チョコを入れフタをして10秒かき混ぜる。

※ついまわしすぎてしまいがちですが 10~20秒でよい。長すぎると仕上がりがべたつくので。

この時の温度は60度くらいになっているのが望ましいです。

そのまま30分放置して、キウイの酵素でマシュマロのゼラチンを分解します。

③ボウルにザル、クッキングペーパーを重ねて②を注ぎ入れて漉します。

Marshmallow4

(出典:http://www.speciale.jp/cosme/cosme02lo_mar.html)

 

④清潔な手で軽くしぼって完成。

※あまり強く絞りすぎると粘り気が出てしまうので軽くでかまいません。

⑤出来上がったマシュマロ美容液ローションは清潔な容器に入れておきます。

※作成日と使用期限の目安を書いておきましょう。飲み物だと間違われないように!

 

○保存法

冷蔵庫で保存します。1週間くらいを目安に使い切りましょう。冷凍すれば1ヶ月OK。

 

○使い方

コットンなどに含ませて普通のローションと同じように使うことができます。

まつげのキワには綿棒などに含ませて集中ケアもできます。

(出典:http://www.speciale.jp/cosme/cosme02lo_mar.html)

Marshmallow5

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

 

マシュマロの効果はこの他、美肌やバストアップ、薄毛、白髪、便秘などがあるそうです。

食べる目安は一日10個程度。

そのまま食べるだけだと飽きてしまいそうなので、コーヒーやココアに入れて毎日楽しめば効果が期待できますね。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus