Sponsored Links

夜盲症は鳥目とも呼ばれ、夜間や暗い場所で目が利かなくなるといった症状が表れます。

一般的に、人の目は暗い場所でも順応し徐々に見えるようになるのですが、夜盲症の場合網膜の順応に異常があり見えにくくなるのです。

 

<夜盲症の原因>

 

その夜盲症の原因ですが、遺伝による先天性のものと栄養不足や眼病・老化による後天的なものとがあります。

その他、強い光を浴びた後やパソコンなどを長時間使用することによる眼精疲労も夜盲症の原因の一つとなります。

 

しかし夜盲症の直接的な原因は、ロドプシンという物質の減少によるものです。

暗い場所を見るのに必要なこのロドプシンはビタミンAから作られる為、ビタミンAが不足し網膜機能が低下すると夜盲症になってしまうのです。

 

Night blindness1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

☆遺伝による原因

 

先天性の夜盲症は遺伝性であることがほとんどです。

症状の進行が見られない停止性夜盲と、症状が進行する進行性夜盲の2つが存在し、暗い場所でよく物にぶつかったり、つまずくなどの症状がある場合は夜盲症の疑いがあります。

 

Night blindness2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<夜盲症の症状・見え方>

 

暗い場所で物が見えにくくなります。暗いところで物にぶつかったり、つまずいたりといった症状があれば夜盲症を疑った方が良いでしょう。

また、夜間に街灯の少ない道路を車で走っていると視界が狭いと感じたり、歩行者が見えにくい場合もあります。

危ないので早めに眼科を受診しましょう。

Night blindness3

(出典:http://iden.rpjp.net/view.html)

 

☆片目だけ夜盲症

 

片目だけ急激に見えなくなる場合は、網膜の異常(網膜中心動脈閉塞症)の可能性がありますので眼科を受診してください。

片目だけだから疲れ目なんだろうと油断していると、白内障や緑内障ということもあります。

どちらにしても治療が必要になりますので眼科を受診するようにしてください。

 

<夜盲症の治療>

 

夜盲症はビタミンAの不足で起こる疾患で、治療法は確立していません。

ですので、夜盲症の症状がある場合はビタミンAを多く含む食品を食事に取り入れ改善していくようにします。

Night blindness4

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

ただし、ビタミンAを摂りすぎるとビタミンA過剰症(☆)を引き起すことがあります。通常の食事から摂り過ぎるということはありませんが、サプリメントなどでビタミンAを補う場合は一日の摂取量を守るようにしてください。

 

☆ビタミンA過剰症…皮膚の荒れ・吐き気・嘔吐・骨の痛み・肝機能障害・頭痛など

 

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus