Sponsored Links

外出先から帰ったときや喉の調子が悪いときにはよく手洗いうがいをしますが、鼻もうがい出来るということをご存知でしょうか?
鼻うがいとは、鼻をかんでも出し切れない鼻水や粘々の鼻水を洗浄する効果があります。また、鼻中を潤す効果があるので、蓄膿症や後鼻漏、上咽頭炎、花粉症などにも効果的だと注目されています。
「鼻の中に水を入れると痛そうだし怖いなぁ!」と思うかもしれませんが、正しい鼻うがいの方法とコツさえ覚えれば大丈夫です。
鼻うがいには色々な効能がありますので、ぜひ試してみてください。

鼻うがいウイルス

鼻うがいの効果

鼻うがいマスク
鼻うがいが一番効果を発揮するのは寒い季節です。この時期は風邪やインフルエンザで体調を崩される方も多いと思いますがその際に鼻うがいがとても効果的なのです。
もちろん、帰宅時の手洗いうがいも大事なのですが合わせて鼻うがいも行うと良いでしょう。何故なら、鼻の中にもバイキンが侵入している可能性があるからです。
空気が乾燥している季節は鼻の中の粘膜も乾いてしまいます。そこにバイキンなどが付着し、繁殖をしてしまった結果鼻の粘膜が炎症を起こし風邪を引いてしまうのです。
その予防として鼻うがいを行うことにより、乾燥した粘膜に付着したバイキンをしっかりと洗い流し風邪などの予防に繋がります。

鼻うがいの方法

鼻うがいコップ
しかし、鼻うがいと言ってもただ洗浄すれば良いものでもありません。
いきなり真水を使って鼻うがいをすると、ツーンと鼻が痛むことになってしまいます。よく、プールなどで鼻に水が入るとツーンとして痛くなってしまうあれです。
そうならない為にも生理食塩水や専用の洗浄液を用意しましょう。
生理食塩水の作り方ですが、これは浸透圧が人の体液と同じ0.9%のものを用意します。(1リットルの水に9グラムの食塩を混ぜれば出来上がりです。500ccの水で作る場合の食塩は4.5グラムになります)
ただし、衛生面に気を付けなければ意味がありませんので注意しましょう。雑菌だらけの生理食塩水を作らない為にも出来れば市販の精製水を購入してくるか、使用する水道水を10分以上沸騰させて冷ましたものを使うようにしてください。

①鼻から零れた水で濡れないようタオルを用意します。
②きれいな洗面器に作っておいた生理食塩水を入れます。
③片方の鼻の穴を押さえながらもう片方の鼻の穴から吸い込みます。
④水を飲みこまないように注意しましょう。息を止めると上手くできます。
⑤洗面器から顔を出して、吸い込んだ食塩水を鼻から出します。
⑥これを3~5回ほど繰り返します。
⑦もう片方も同じように鼻うがいをします。

※最近は、ネティポットで直接鼻の中へ食塩水を送り込む方法もあるようです。

※YouTube 鼻うがい ネティポットで鼻から水を出すところ

鼻うがいの注意点

注意点としましては、鼻の粘膜を傷付けたり繊毛を傷めないよう、痛みや不快感を感じたらすぐに使用を中止することです。
また、鼻うがいの終了後に鼻腔内に水が残ったまま鼻をかむと中耳炎になる可能性もあるので気を付けましょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus