Sponsored Links

口内炎はただ口の中にできるデキモノではありません。

あなたの知らないうちに起こっている身体の不調からくるものもあります。

また、痛みから食欲不振や味覚が鈍くなったりもしますよね。そうならない為にも口内炎が起きる原因を知り、予防していきましょう。

 

<口内炎が起きる原因と治療法>

Stomatitis11

○もっとも一般的な口内炎「アフタ性口内炎」

 

食生活の偏りや疲労、免疫力の低下が原因でできる口内炎です。ビタミンB群の不足が大きな要因で、デキモノは中心部が少しくぼみ白っぽくなります。女性の場合は、ホルモンバランスが崩れる生理前や妊娠中にもできやすい口内炎です。

治療法ですが、1~2週間ほどで自然消滅するのでそのまま放置していても大丈夫ですが、痛みが強い場合はケナログやアフタゾロンなどのステロイド剤入りの軟膏を患部に塗ったり、アフタッチなどのシールを貼り付けて患部を覆います。他にも、サルコートのようなスプレータイプの薬を使用したりもします。

 

○傷による口内炎「カタル性口内炎」

 

歯で頬の内側や唇を噛んでしまったり、煎餅や天ぷらの衣など硬い食べ物を食べることで口腔内の粘膜を傷付ける、入れ歯や矯正器具で傷付けることにより炎症が起こりできる口内炎です。口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたり、唾液の量が増えて口臭が発生する場合もあります。また、口の中が熱く感じたり味覚がわかりにくくなることもあります。

治療法は、アフタ性口内炎と同じように患部にステロイド剤などを塗ります。矯正器具にはワックスを付けて保護したりしますが、それでも擦って傷を付けてしまう場合にはマウスピースを使って口腔内の粘膜を保護します。

Stomatitis12

○ウイルス・カビが原因の「ウイルス性口内炎」「カンジダ性口内炎」

 

単純ヘルペスウイルスによる感染によるものと、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因の口内炎です。口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり発熱や強い痛みを伴うことがあります 。

治療法は、ウイルスの場合原因菌を特定する必要があります。内科、皮膚科などで血液検査をして原因菌を調べ、抗ウイルス剤の軟膏や薬を服用して治療していきます。カビによる口内炎の場合は、うがい薬やコンクールなどで洗口し抗真菌薬を服用しカンジダ菌を減らしていきます。

 

<はちみつで口内炎の治療は可能か?>

 

民間療法の一つとしてよく聞かれるのがはちみつによる口内炎の治療です。患部にはちみつを塗ると、はちみつの殺菌・消炎作用により口内炎の治りが早いと言われています。

はちみつの効能は次のようになります。

Stomatitis13

・殺菌効果

・消炎効果

・ビタミンB郡の補給

・患部の保護

 

患部に塗る際にはとても痛いですし、全ての方に効果があるとは言えませんが口に入れても無害ですので試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

<対策と予防>

 

○生活習慣の改善

 

バランスの摂れた食事と十分な睡眠を心掛けましょう。

食事だけでは十分な栄養を摂取できない場合は、ビタミンBの入ったサプリメントを服用して栄養を補います。皮膚や粘膜の働きを正常に保つ働きがあるビタミンAやCも一緒に服用すると良いでしょう。

Stomatitis14

○細菌の繁殖を防ぐ

 

歯磨きを行い、手洗いやうがいをすれば口腔内の細菌の繁殖を防ぐことができ、口内炎にもなりにくくなります。口の中を清潔に保つことが口内炎予防の第一歩になりますので、日頃からしっかりと口内洗浄を行いましょう。

Stomatitis15

※口内炎があり、痛む場合は炎症している箇所の歯磨きは避け入念にうがいをします。

 

 

口内炎は大抵のものが自然治癒しますが、「口内炎ができる=生活習慣が悪い」ということですので、口内炎ができやすいという方は生活習慣を改善することから始めましょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus