Sponsored Links

きちんと歯を磨いてるのに何だか口が臭う…。もしかすると舌苔(ぜったい)が原因かもしれませんよ。

舌の表面が白すぎる場合は、専用のブラシでケアしてあげましょう。

 

<舌苔とは>

 

舌の表面を見てみると、白い汚れが付着しているはずです。

これが舌苔と呼ばれるものなのですが、舌苔は舌の表面に付着している汚れで口の中からはがれ落ちた粘膜細胞・食べかす・たんぱく質などが含まれたものです。

舌苔は、歯垢と同様に細菌の温床でもあるので体内に入れない方が良いのですが、舌が正常に働いている証拠でもあるので本来は何の問題もありません。

ただし、舌が白すぎたり舌苔の量が多い場合は適切なケアで取り除いた方が良いでしょう。

Tongue1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<舌苔の量が増える原因>

 

服用している薬の副作用で口中が渇きやすくなり、その為細菌が繁殖してしまう場合や、口呼吸をしているだけでも舌苔の量は増えてしまいます。

そのほか、風邪などで免疫力が低下しているときや、歯の磨き残しによる食べかすが原因だったり、喫煙、緊張によるストレスで唾液の分泌量が不足することも原因です。

 

<正常な舌苔と病気の舌苔>

 

白い苔が全体的に薄く付いている場合は、健康的で理想的な状態です。

しかし、舌苔の量が多かったり逆に全く苔がなかったり、舌苔の色が黄色っぽい、黒っぽい場合は医療機関を受診しましょう。

 

・白い苔が分厚く付いている

唾液分泌が極端に不足している、胃などの消化管が弱っている。また、舌をあまり動かさない場合にも見られます。

 

 ・黄色い苔

熱や病気などが進行すると白い苔に黄色い着色が現われることがあります。また喫煙の本数が増えてくると、ヤニの色で黄色くなってきます。

 

 ・黒い苔

感染症などにかかることで、正常な菌が減少し通常ではあまり存在しない菌が異常増殖を起こしてきます。(舌に黒い毛が生えたように見えることがあります)

 

 ・全く苔がない

無苔と呼ばれ、慢性的な栄養不良が原因と考えられています。ミネラルや鉄分が不足した時に見られます。

 

<舌苔と漢方薬>

 

漢方医学では胃腸の様子を知る上で舌苔の状態を確認することは非常に重要になります。

胃腸病の治療では、この舌苔の有無・厚さ・色合い・湿り具合などで病情の一部を判断することになります。

漢方で言う「陽虚」という体質になるので清熱という方法とは逆の治療法を行います。

 

漢方薬の「防風通聖散」を使用しますが、日頃から下痢や軟便になる方で消化器系の弱い方は、他の処方を考えるか健脾薬と一緒に服用する必要があります。

この判断は非常に難しいので、看板や肩書き、広告に惑わされずしっかりとした漢方専門家に相談した方が良いでしょう。

Tongue2

(出典:http://www.ac-illust.com/)

 

<舌苔の取り方>

 

舌を上あごに押し付けるだけで簡単に取ることができます。

舌を上あごに押し付けるようにして、舌表面をゴシゴシとこすりつけるのです。

舌苔を取り過ぎないメリットもあり、舌を傷つけることなく舌苔を比較的きれいに除去できます。

 

<それでも取れないときは舌ブラシ>

 

つい、歯ブラシでごしごしと擦ってしまいがちですが、それだと舌を傷めてしまいます。

舌を傷めると、そこから口内炎を発症してしまったり最悪の場合は味を感じる味覚センサーまでも機能しなくなってしまうので気を付けましょう。

Tongue3

(出典:http://w-1-shikien.co.jp/item/kaigo_1/)

 

舌を磨くときには、専用のブラシを使うことをおススメします。

 

<舌苔のケア>

 

舌苔を増やさないためのケアとは…

・水分を多く取る

・咀嚼回数を増やす

・よく舌を使う(よく噛む、よく喋る)

・規則正しい生活をする

Tongue4

(出典:http://www.ac-illust.com/)

 

 

いかがでしたか?舌苔は口臭の原因の一要素に過ぎず、除去をしたからといって口臭が完全になくなる訳ではありませんが、きちんとしたケアをすれば体に悪いことはありません。

新習慣として歯磨きついでに舌ブラシで舌苔のケアを始めてみると良いかもしれませんね。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus