Sponsored Links

変額保険とは、「株」「債権」「為替」などを活用し、預かった保険料を運用させる保険のことをいいます。

株や債券を使う保険には抵抗があるという方も多いと思いますが、実は一般の定額保険と比べてメリットになる部分もあります。

保険としての機能、資産運用としての活用法など、変額保険には様々な活用法があります。

今回はこの「変額保険」について確認をしていきましょう。

ac_00001_01

<変額保険と定額保険の違いとは?>

変額保険には様々なタイプがありますが、まずは定額保険(一般の保険)と異なる部分について理解を深めていきましょう。

 

・解約返戻金が増減する

一般の保険は、契約をした時点で何年たつと積立額がいくらになるか決まっています。学資保険など、必要な時期に必要なお金を準備するにはとても役立ちます。

それに対して変額保険は、株や債券などを活用していることから、契約時点ではある一定の推測される積立額となり増えたり減ったりします。

 

学資金の準備のように、子供が18歳になるまで200万円準備したいという場合、変額保険であれば400万円準備できるかもしれないし、100万円しか準備できないかもしれません。

計画を立ててお金を準備したい場合には不向きといえるかもしれません。

 

保障部分は定額保険を同じく一定額が保障される

変額保険という言葉の響きから、保障額も増減するのではないかと想像している人が多いと思います。

変額保険の変額は、一般的に解約返戻金の部分を指していることが多く、保障に関しては一定額が保障されているケースがほとんどです。

 

200万円の死亡保障、保障期間80歳という保険だとした場合、200万円という死亡保障額は80歳まで保障されています。

また、解約返戻金が300万円になった場合、その時点での死亡保障額は300万円となります。

逆に、解約返戻金が100万円になってしまった場合、保障額が100万円になるのではなく200万円という最低保障額となります。

 

定額保険よりも保険料が安い

変額保険は、運用に用いる利率が一般の保険よりも高く設定されているため、保険料が安くなる傾向にあります。

 

たとえば、死亡保障200万円、保険期間80歳までという保険だとした場合、同じ条件で比べると、変額保険のほうが保険料が安くなります。

これは、保険料を決める場合に保険会社が使っている予定利率というものがあり、この率を高くすると保険料が安くなるためです。

 

変額保険は解約払戻金の額が一定額で決まっているわけではないので、情勢などによって運用が悪い時などには解約払戻金が少なくなります。

それに対して一般の保険の場合は、運用がうまくいっていなくても決まったお金を準備しなくてはならないので、それだけ保険会社にリスクがあるわけです。

 

このように同じ保障内容であっても、変額保険と定額保険では保険料が異なり、変額保険のほうが保障という点ではリーズナブルに準備できるということになります。

 

<保険料の支払いは「一時払い」と「毎月払い」>

変額保険は保険の一種ですから、保険料の支払い方法には「一時払い」と「毎月払い」があります。

「一時払い」と「毎月払い」によってどのような影響があり、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて理解しておきましょう。

 

・一時払いのメリット・デメリット

一時払いの変額保険は、保険料を一回で支払うということになりますが、変額保険の場合には一回で投資をするという考え方に置き換えられます。

一回で株や債券などを購入するのと同じことですから、加入するタイミングがとても大切になってきます。

 

株価が安い時に加入すれば、株価が成長するに伴い解約払戻金も増えていきます。その反面、株価が高い時に買ってしまうと株価が下がっていってしまい、解約払戻金が少なくなっていきます。

サブプライムローンなどの世界株安などによって、株価が著しく下がっている時には一時払いが有効ですが、そうでない場合には慎重な加入が必要となります。

 

毎月払いのメリット・デメリット

変額保険を毎月払いで支払うという種類もありますが、毎月払いにするメリット・デメリットとはなんなのでしょうか。

 

「毎月払いにする=ドルコスト平均法」を活用するということになります。

ドルコスト平均法とは、変額保険だけではなく一般の投資信託や株・債券などの場合にも有効な手段で、毎月一定額で購入を続けるという方法になります。

 

ドルコスト平均法を活用すると、株価が高い時は株を少なく買い、株価が安い時に株を多く買うことができます。

株価には高い・安いという波がありますから、安い時にたくさん買っておき株数を増やすことができるようになります。

もちろん、必ずしも毎月払いが良いというわけではありませんが、毎月払いで長期間継続することによって資産を増やせる可能性が多くなってきました。

 

毎月払いの場合には、株価が下がっているときが買いですから、満期や解約する時までは株価が下がっているほうが良いことになります(株数が多く買えるため)。

一時払いの場合であれば株価が下がると「どうしよう・・・」となりますが、毎月払いの場合には「やった!」という気持ちでいられます。

 

<保険会社を選ぶなら「日本一」より「世界一」>

保険に加入する場合、会社の規模や資産、人気などから加入先を決めていると思います。

中でも変額保険は、保障だけではなく自分の資産を増すことができる保険ですから、資産運用が上手な保険会社を選択することが必要です。

 

日本国内にはたくさんの保険会社がありますが、日本一人気のある保険会社もあれば、日本一の加入者数を誇る保険会社もあります。

その反面、日本では認知度は低いものの、世界一の保険会社もあります。

 

変額保険は日本株だけではなく、世界株や世界債券などを利用していますので、変額保険に加入する場合に世界一の保険会社を選ぶことが大切です。

世界一ではなくても、世界基準で保険を取り扱っている「外資系生保」にも目を向け、運用が上手かどうかには目を向けるようにしましょう。

 

<まとめ>

変額保険は定額保険とは異なり、とても複雑な構造に見えるかもしれません。ですが、20年、30年という時間をかけてお金を増やしたいと考えている方にはとても向いている保険といえます。

 

ただし、今までのように保険会社にまかせっきりではなく、自分で確認し、自分で選択するという見る目が必要になります。

投資をこれから始めてみようかな?という方は、まずは変額保険から始めてみることをおすすめします。

 

ただの保険で終わらせるのではなく、夢を見ることができる保険になるのも変額保険の良いとことでしょう。

 

変額保険の事を相談したいけど、誰に相談すればよいかわからないという場合は、

保険のプロ・ファイナンシャルプランナー(FP)を無料で紹介してくれるサービスを利用するのもおすすめです。

いろいろなサービスがありますが、信頼できるところが良いですね。

私のおすすめは、【保険リサーチ】です。

 

・相談者の85%以上の方が年間5万円の保険料節約に成功

・相談者の96%以上の方が満足と回答

・優秀なファイナンシャルプランナーをご紹介

などなど、口コミでも定評のあるサービスです。

 

こちらから無料で保険相談をお申込みいただけます。

 

保険リサーチ無料保険相談はこちら

 

相談は無料なので決して損はしません。

しかも今なら、上記URLからお申込みして無料保険相談を受けた方にはJCB商品券6,000円をプレゼントする限定キャンペーンをしているそうです!

 

口コミで広がり今人気のサービスですので、既にご利用された方も多いと思いますが、

まだ利用した事のない方は気軽に保険の専門家に相談してみてください。

お金に関する事のプロフェッシャルですので、保険だけにとどまらず、節約の方法や効率の良い貯蓄の方法なども教えてくれそうですね!

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus