Sponsored Links

加齢臭なんてまだ早い、おじさんやおばさんがなるものでしょ?と思っているあなた!

加齢臭は早い人で20代からすでに臭っているんですよ。

Body odor1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

「臭い!」と人から指摘されると事実だとしてもムッとしちゃいますよね。そうならない為にも、加齢臭とはどんな仕組みで臭うのか、どう対策すればいいのか今から知っておいても損はないと思います。

 

<加齢臭の原因は?臭いはいつから始まる?>

体臭は、汗と皮膚に付いた汚れから雑菌が発生し臭いの元となりますが、加齢臭は汗ではなく皮脂腺から発生する酸化した脂質(過酸化脂質)と脂肪酸(パルミトオレイン酸)が反応し、「ノネナール」という物質ができることにより臭います。

Body odor2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

実は、パルミトオレイン酸は若いころには分泌されません。

加齢とともに増加する物質なのですが、何故加齢により増加するのかは判明されていないそうです。

ですので、特効薬のようなものはありませんから生活習慣を改め、アンチエイジングを心掛けるといった対策しかできないのが現状でもあります。

 

◎加齢臭ってどんな臭い?

皮脂が臭いの原因なので、脂が酸化した臭いになります。

・ローソクの臭い

・古い本の臭い

・チーズの臭い

人により臭いの感じ方も違うので当てはまらない場合もありますが、不快な臭いには気を付けたいですね。

 

◎加齢臭が臭う場所は?

皮脂腺が多く出る部位が臭います。

・耳の後ろ

・首

・小鼻

・胸元

・背中

枕が臭うのは頭の頭皮が臭いからではなく、枕に触れる耳の後ろから加齢臭の物質が出るからなのです。

Body odor3

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

◎加齢臭が臭いだす年齢は?

食生活など生活習慣が乱れている方だと20代からすでに臭っていることもあるそうです。

もっとも多くなるのは30代から40代ですので、臭いと言われる前の対策が必要です。

 

<女性にも加齢臭はあります!>

加齢臭の元になる「ノネナール」は女性にもあります。

しかし、女性の場合は女性ホルモンにより酸化と皮脂の分泌量が抑えられているので男性ほど臭いません。

ただし、女性ホルモンが減少する30代後半から徐々に加齢臭を感じ始め、閉経後に女性ホルモンがなくなってしまうと加齢臭をきつく感じてしまうようになります。

そうならない為にも、女性は臭ってないうちから加齢臭に注意しておいた方が良いでしょう。

 

<加齢臭に香水に効果はあるの?>

加齢臭の臭いを誤魔化そうとして香水を振りかけていませんか?

ちょっと待ってください!加齢臭の強烈な臭いに香水が混ざり合ったら悪臭になっちゃいますよ!!

良い香りを楽しむなら、まずは加齢臭を少しでも取り除いてからにしましょう。

Body odor4

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

では、何をすればよいのかと言うと加齢臭用のボディソープで体をよく洗うことです。

特に、香水をつける箇所(首や手首、足首など)を丁寧にしっかりと洗うことが大事です。

香水は、体の消臭対策を行ったあとに楽しみましょう。

おススメの香水は、柑橘系です。オレンジやレモン、グレープフルーツなどのさっぱりした香りが加齢臭対策の香水としておススメです。そのほかにも、ラベンダーやサンダルウッド、ローズマリーなど爽やかな香りもおススメですよ。

柑橘系の香りは香りがすぐに飛んでしまうのでこまめにつけ直す必要がありますが、ラベンダーなどの香りは長持ちしやすいので長時間のお出掛けにも良いですね。

逆に避けた方が良い香りはムスクやシラカバの香り。これらの香りは、加齢臭を強調させてしまうと言われています。

 

<加齢臭対策>

加齢臭の原因は加齢によって増加した脂質の酸化によるものですが、次のような生活をしていると更に加齢臭を悪化させてしまいます。

 

・不規則な生活・乱れた食生活

・ストレス

・飲酒

・喫煙

 

脂っこい食事に飲酒、喫煙は加齢臭の原因にもなるので、野菜を中心とした食事に変えて飲酒や喫煙も減らしていきましょう。

 

◎野菜中心の食生活

ビタミンやミネラルが不足すると、体内で脂を十分に分解することができず加齢臭の原因になります。また、ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用があるので体の酸化を防ぐことで加齢臭を防ぐだけでなくアンチエイジングとしての効果もあります。

 

・ビタミンCを多く含む食品…赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラジュース、キウイフルーツ、いちご

・ビタミンEを多く含む食品…モロヘイヤ、オリーブのピクルス、かぼちゃ、アーモンド

・ミネラルを多く含む食品…納豆、切り干し大根、ゆで玉子、ピーナッツ、カットわかめ

 

◎生活習慣の見直し

飲酒も喫煙も加齢臭の結びつきます。

喫煙は活性酸素の量が増えるため、体内で酸化が起こりやすくなります。酸化が起こるということは加齢臭を引き起こすということです。

また、飲酒はアルコールを肝臓で分解する際に発生するアセトアルデヒドという物質が、加齢臭の元であるノネナールの臭いと似ているため、加齢臭と同じような不快臭を引き起こすことになります。

自分自身は臭ってないと思っていても、周りはそうではないかもしれませんよね。臭いで損をしないよう、お酒や煙草はほどほどにした方が良いでしょう。

 

◎ストレスを溜めない

ストレスも加齢臭の原因となります。ストレスが溜まることで体内で酸化が起こりやすくなるからです。ストレスを溜めないよう、十分な睡眠をとり適度な運動を心掛けましょう。運動は体内の酸化を防ぐこともでき、アンチエイジングにも効果的です。

ウォーキングやジョギングなど有酸素運動を取り入れましょう。

 

◎お風呂はきちんと湯船に浸かる

湯船に浸かり、しっかり汗をかくことで汗腺機能が正常化し、これにより加齢臭の予防ができます。

また、洗髪にはアミノ酸系のシャンプーを使うのがおススメ。髪の毛と同じたんぱく質(アミノ酸)の成分でできたシャンプーを使えば地肌の汚れをきちんと落とすことができ、臭いの予防に繋がります。

ボディソープは臭いを抑える成分の入った柿渋石鹸や、ニキビなど臭いの元にもなる雑菌を抑える石鹸がおススメですよ。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus