Sponsored Links

コンビニエンスストアや自動販売機で、いつでもどこでも好きな銘柄の缶コーヒーを手軽に楽しめますが、実は50年ほど前に日本橋三越で売られた缶コーヒーが世界で初めての缶コーヒーと言われています。

今やコーヒー飲料の種類は数多く出回っていますが、たまには銘柄を変えてみたり、また気分によって、一緒に食べる食事の内容によって違うメーカーのコーヒーを飲んでみると意外な発見があるかもしれませんよ。

Canned coffee1

(出典:http://www.ac-illust.com/)

 

<人気缶コーヒーランキング>

株式会社ジェイ・エム・アール生活総合研究所が運営するJ-makering.netによる「最近3ヶ月以内に買って飲んだことのある缶コーヒー」は次のようになります。

 

1位:サントリー    ボス

2位:日本コカ・コーラ ジョージア

3位:森永乳業     マウントレーニア

4位:アサヒ飲料    WONDA

5位:キリンビバレッジ キリンファイア

6位:伊藤園      タリーズコーヒー

7位:JTビバレッジ   ルーツ

8位:スターバックス  スターバックス ディスカバリーズ

9位:セブンアンドアイ セブンプレミアムカフェラテ

10位:UCC上島珈琲    UCC BLACK無糖

Canned coffee2

(出典:http://www.ac-illust.com/)

 

次に、株式会社富士グローバルネットワークが運営するMpac-マーケティング情報パックによる、缶コーヒーの個別商品ランキングです。

 

1位:日本コカ・コーラ ジョージア エメラルドマウンテン

2位:アサヒ飲料    WONDA モーニングショット

3位:サントリー    ボス ブラック 無糖

4位:日本コカ・コーラ ジョージア エメラルドマウンテン 至福の微糖

5位:サントリー    ボス レインボーマウンテンブレンド

6位:サントリー    ボス カフェオレ

7位:サントリー    ボス 贅沢微糖

8位:アサヒ飲料    WONDA 金の微糖GOLD

9位:日本コカ・コーラ ジョージア ヨーロピアン コクの微糖

10位:UCC上島珈琲   UCC BLACK無糖 プレミアムドライ

(出典:https://smashop.jp/blog/2028)

 

全体的に、無糖や微糖が人気ですね。これは健康志向の高まりとともに、コーヒー自体のコクや苦味といったものを楽しみたいといったニーズの結果なのかもしれません。

 

<缶コーヒーに味の違いってあるの?>

缶コーヒーなんてどれも同じ味でしょと思うなかれ!ブラックひとつでも香ばしさにこだわった缶コーヒーがあれば酸味にこだわった缶コーヒーもあります。

カフェオレだってミルクにこだわりのある缶コーヒーもあるように、本当にたくさんの種類の缶コーヒーがあります。

Canned coffee3

(出典:http://www.ac-illust.com/)

 

例えば、キリンのコーヒーはコーヒー(豆)自体に特徴があるので他のものより濃く感じるかもしれません。

ジョージアはそれぞれ甘味のバランスが違うのでとても甘いと感じる人もいれば、もう少し甘めがいいと思う人もいるでしょう。

どのメーカーが美味しいかはそれぞれ好みになってきますので、「甘味」「苦味」「濃薄」「コクと香り」で区別して、ご自分にあった銘柄を試しながら探してみるのもいいかもしれませんね。

 

<缶コーヒーの人気CM>

缶コーヒーは味だけでなくCMも種類やコンセプトが豊富。CMを見て買ってみようかな?と思った方も多いはずです。

 

・BOSS プレミアムボス

「この惑星では、人生は旅にたとえられる」や「この惑星の人生には、プレミアムな瞬間も必要だ」などのナレーションはもはや名言と言っても過言ではないですよね。宇宙人ジョーンズが出会う人々との物語に元気づけられます。

 

☆YouTube:宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ

 

・WONDA ゴールドブラック -金の無糖-

国民的アイドルグループAKB48のメンバー、大島優子さん、渡辺麻友さん、島崎遥香さんが大人の雰囲気で「WONDA ゴールドブラック -金の無糖-」の魅力をストレートに語ります。

 

☆YouTube:AKB48 CM ワンダ ゴールドブラック

 

<市販のコーヒーのカロリーとカフェイン>

 

◎カロリー

 

・ジョージア エメラルド マウンテンブレンド微糖…100gあたり18 kcaL

・キリン FIRE 挽きたて微糖…100gあたり17kcaL

・WONDA 金の微糖…100gあたり18kcaL

・BOSS ボス 贅沢微糖…100gあたり17kcaL

・BOSS ボス 超…100gあたり32kcal

・ダイドー デミタス グランブルー…100gあたり32kcaL

・AGF ブレンディボトルコーヒー(低糖)…100mLあたり16kcaL

(出典:http://matome.naver.jp/odai/2135191894770626701)

 

◎カフェインの量

 

・コーヒー     68mg

・コーヒー飲料 40mg

・乳飲料       35mg

※コーヒーとコーヒー飲料の違いは生豆の使用量によって分類されます。

100g中の生豆使用料…5g以上コーヒー、2.5g~5g未満コーヒー飲料

(出典:http://www.suntory.co.jp/customer/faq/001856.html)

 

カフェインは摂りすぎると不眠のほか、動悸・イラつき・頭痛など身体への悪影響が現れます。

糖分も血糖値の上昇の原因となることから、コーヒーの飲み過ぎには注意したいですね。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus