Sponsored Links

家族の一員である可愛い猫の健康を考えて、定期的にワクチン接種を行っていますか?

完全室内飼いだからと安心しないでください。

外に出た人間が知らないうちに持ち帰ったダニなどが病気を媒介することもあるんです。

特に外へ遊びに行く猫だと野良猫と接触する可能性も高いのでワクチン接種は必要です。

でも、ワクチンと言ってもどんな種類があるのか分かりませんよね。

そこで、猫のワクチンの種類と副作用など気を付けることをまとめてみましたので参考にされてください。

 

<猫用ワクチンの種類>

 

猫用の混合ワクチンは3、4、5、7種の4種類になります。

完全室内外の猫でも、3種混合ワクチンは最低限受けさせてあげたいですね。

それぞれの混合ワクチンで予防できるのは、次のようになります。

 

・3種混合ワクチン…猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症

※猫飼いの約6割が選択しているワクチン。猫の体への負担が最小限に抑えられることから、ペットショップが子猫に受けさせるのは、この3種混合ワクチンが多いようです。

・4種混合ワクチン…3種+猫白血病ウィルス感染症

・5種混合ワクチン…4種+クラミジア感染症

・7種混合ワクチン…5種+カリシウィルス2種追加

 

☆混合の種類が多ければ予防できる病気も増えますが、その分猫の体への負担も増えますしワクチンの金額も上がります。外へ遊びに行く猫には5種や7種の混合ワクチンを受けさせた方が良いでしょう。

Cat vaccine2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

○ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンとがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります

 

・生ワクチン…メリット:病原性を弱めた生きたウイルスを使うため、強い抗体ができて免疫力が高くなる。

デメリット:体調が悪い場合など、感染症自体を発症してしまうことがある

 

・不活化ワクチン…メリット:死滅させたウイルスを使うので、感染症自体を発症することはない。

デメリット:生ワクチンほど強い免疫力はできず、アレルギー反応などの副作用が現れることもある。

 

○ワクチンの金額

病院により使用しているワクチンが異なるので多少金額が違ってきますが、3種混合ワクチンで約4,000円~・4種5種約5,000円~7,500円・7種約8,000円ほどになります。

 

<予防接種後は体を休ませてあげましょう>

 

ワクチン接種後は自宅で安静にし、飼い主は猫の様子に注意する必要があります。

 

・食欲の低下、軟便・下痢・吐き気

・顔のむくみ(ムーンフェイス)・腫れ・痒み

・呼吸の異常・体温低下・貧血・よだれ・ふるえなど

・ぐったりする・倒れる

 

ワクチン接種後、20~30分ほどでこのようなアレルギー症状が現れる場合があります。症状が激しくなければ様子を見てもかまいませんが、もしこのような症状が出たら接種した病院に連絡してください。

このように副作用の心配がありますので、ワクチンの接種は午前中にするのがおすすめです。

午後からだと、副作用が起きたときに病院の営業時間に診察してもらえない可能性があります。

また、ワクチン接種後すぐに免疫力が高まる訳ではありませんので、同居猫で猫風邪を引いているなど体調の悪い猫がいる場合は隔離するなどして接触しないようにしましょう。

Cat vaccine3

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<ワクチンを接種する時期・回数>

 

生後2ヶ月~3ヶ月目に1回目のワクチンを接種し、その一か月後に2回目の接種をします。

その後、毎年1回ワクチンの接種を行います。つまり、子猫の時期に2回、成猫になると年に1回ワクチンを接種することになります。

Cat vaccine4

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

 

ワクチンは永続的に効果があるものではなく、免疫の効果が徐々に薄れていきますので定期的に行うようにしましょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus