Sponsored Links

厄年とは、その言葉通り「厄災に逢いやすい」と言われる年です。
それは、男性なら4歳・13歳・25歳・42歳・61歳、女性なら4歳・13歳・19歳・33歳・37歳・61歳になります。
ここで注意したいのが年齢の数え方なのですが、厄年は満年齢ではなく数え年の年齢で数えます。
数え年というのは、母親のお腹の中にいる月日も数に入れるので生まれ年は0歳ではなく1歳になるという数え方です。
こちらのサイトで簡単に計算が出来るのでご自分の厄年を知りたい方はチェックしてみてください。
【http://www.yakuyoke-yakubarai-jinja.com/toshi-count/】

女性の厄年である19歳・33歳・37歳にはそれぞれに理由があり、女性は19歳~37歳の間に出産・子育てを経験しその子育てが一段落する、社会的な役割や生活環境が変わる節目の年を役割を担う年「役年」から「厄年」と言われるようになったと言われています。
地域によっては厄年に厄落としではなく厄祝いを行うところもあるそうですよ。
他にも科学的な根拠はありませんが、30代の女性のホルモンバランスが崩れてくるのがこの頃なので、体調の変化に気を配るようにという意味合いもあるかもしれませんね。

Climacteric1

厄年に妊娠・出産しても良いのだろうかと気にされる方もいらっしゃるかもしれません。
随分前の時代には父母のどちらかが厄年であるだけで出産を控えたという話もあるようですが、妊娠や出産の際に厄年であることを気にする必要は全くありません。
地方によっては男児を出産した場合に限り厄払いになるとされるところもあるようですがそれこそ根拠のないものです。
現代でも出産することで厄落としになる(生まれてくる子が厄を祓ってくれる)と思われている方も中にはいらっしゃいますが、それよりも授かった命を健やかにそして無事に産むことを大事にしましょう。

136921

それでも、子供に厄が降りかかるのは心配ですよね。
父母のどちらかが厄年の場合産まれたその子に厄がつくという話しもあり、その厄を避ける為に昔は「捨て子」の風習というものがありました。

プリント

地域よってやり方も様々ですが…

①産まれた子を辻(道路が交わるところ)に捨てる。
②親は振り返らず家に帰ります。
③捨てられた子は、あらかじめ打ち合わせてある「拾い親」が拾います。
④子の着衣を新しく着替えさせ、元の親の所に連れて行きます。

以上が捨て子の儀式の流れです。
ちなみに「拾い親」は、拾われた子との間に名付け親のような特別な関係が築かれ、それが生涯に渡り続くと言われていますので、拾い親を頼む場合は依頼する人をよく考えて選んだ方が良いでしょう。
何にしてもあまり神経質にならず気にしないのが一番です。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus