Sponsored Links

メンタルが強い人に憧れたり、「自分なんて豆腐メンタルだから…」と落ち込んだりすることってありませんか?

現代人は職場や学校、家庭など様々な場面で非常にストレスを抱え込みやすいと言えます。

ストレスを完全になくすことは無理かもしれませんが、ストレスが軽減されるだけで落ち込むことは少なくなると言えるでしょう。

mental1

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

では、どうやってストレスを軽減させるのか、メンタルを強くすることができるのか。

それは、精神的なアプローチと生活習慣で改善できるんです。

 

<真面目過ぎると損!>

ついギャンブルにのめり込んでしまったり、車のハンドルを握ったら人が変わると言われてしまうのは、普段はとても真面目な人に多いような気がします。

しかし、真面目な人は一方で精神的に追い詰められやすい傾向にもあり、うつ病を発症しやすいというイメージがあります。

それは、真面目故に自分の内面と向き合うことが多くネガティブな思考に陥りやすいからです。

例えば、必要もないのに自分と誰かを比べてしまい挙句「自分はこんな小さな人間じゃないんだ!」と思ってしまったりしませんか?他人との優劣を気にしたり、プライドが傷ついたりしやすい人ほどネガティブになりやすいのです。

また、真面目な性格の人は中途半端で曖昧な答えに満足できないことも多いですね。しっかりした答えがないと不安でたまらない…そういった気持ちもうつ病に繋がりやすくなります。

mental2

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

<メンタルトレーニングを始めよう>

では、真面目だとメンタルが弱いままなのか?そうではありません。

まずは、真面目な自分の性格を否定せず受け入れることが大切です。

メンタルを強くしようと自分を変える必要はなく、自分が弱いと思うところをトレーニングで徐々にコントロールしていけば良いのです。

 

①ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換えよう

「私には無理」「出来ない」ではなく、「私は意欲的に取り組めている」「私にも出来る」と、いうように意識してポジティブな言葉に言い換えるトレーニングから始めましょう。

 

②楽しんでいる自分をイメージする

①のポジティブな言葉を言い続けると同時に、自分の目に入る場所(洗面所や寝室など)へポジティブな言葉を紙に書いて貼っておきましょう。

そして、朝起きた時と夜寝る前に布団の中で自分が積極的に仕事をこなしたり楽しんでいる様子を思い浮かべます。

mental3

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

イメージトレーニングが上手くいかず、「もうダメだ」と思うこともあるかもしれません。

そんな時は、まずそのネガティブな思考をストップさせましょう。なかなか無理かもしれませんが、ストップ!と大きな声で言ってみるのも一つの方法です。

また、失敗は誰にでもあるものですから落ち込み過ぎたり自己嫌悪に陥り過ぎたりしないようにしましょう。

イメージトレーニングは、焦らず毎日繰り返し行うことが大切です。

 

<メンタルを強くするには心を安定させるのが近道!?>

 

◎太陽の光を浴びる

メンタルを安定させるにはセロトニンの分泌が重要になってきます。セロトニンは、脳内のセロトニン神経から分泌される神経伝達物質の一つで、脳全体の調子を整えるための大きな役割を果たします。

セロトニンが分泌されていればストレスにさらされたとしても、不安や怒りの感情を抑制してくれるのでメンタル改善のためにも日頃からセロトニンが分泌されやすい環境を作っていきたいですね。

セロトニン神経は、太陽の光を浴びて約5分ほどで活性化し始めるので、朝活として普段より5分だけ早く起きて太陽の光を浴びるのも良いでしょう。

mental4

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

◎白湯を飲む

温かいお湯は体温を上げるだけでなく、胃腸を活発にし汚れを洗い流すデトックス効果があります。

白湯なんてまずくて飲めないよ、と言う方は体に毒素が溜まっている証拠でもあるらしいですよ。

自分の健康状態を知るためにも一度白湯を飲んでみましょう。

毎日飲み続けていれば、体の毒素を洗い流し胃腸の調子が良くなります。白湯を飲むときは慌てずゆっくりと、リラックスした状態で飲むことをおススメします。それだけで気持ちまでゆったりしてきそうですね。

 

◎お風呂に浸かる

体温を上げることで良質な睡眠をとることができます。人は、体温が上がって下がり始めるときに眠気を感じるそうなので、寝る前に体を温めておくことは睡眠の質を左右するとても重要なことなんですね。

どうしてもお風呂に浸かれない場合は足湯もおすすめです。末端が冷えていると寝付きが悪くなるので、せめて足先だけでもしっかりと温めましょう。

 

◎トリプトファンを含んだ食品を摂る

心を安定させるためには伝達物質のセロトニンが必要ですが、このセロトニンを作るにはトリプトファンと呼ばれる栄養素が必要不可欠です。トリプトファンは様々な食品に含まれていますので、日々の食生活中に取り入れることも簡単ですよ。

 

・肉類…牛サーロイン、牛挽き肉、豚ロース、豚挽き肉、とり胸肉(皮付き)、とりもも肉(皮付き)、鶏挽き肉

・魚介類…まぐろ(赤身)、あじ、いわし、芝エビ

・果物類…アボカド、バナナ、キウイフルーツ

・野菜類…しいたけ、マッシュルーム、春菊、スイートコーン、ニラ、ブロッコリー、にんにく

・乳製品…牛乳、ヨーグルト、プロセスチーズ

・豆類…あずき、大豆、納豆、豆乳

・その他…アーモンド、ごま、カシューナッツ、くるみ

mental5

(出典:http://www.photo-ac.com/)

 

◎適度な運動を心掛ける

適度な運動を心掛けることで筋肉の緊張をほぐすことができます。心拍数を減少させて、血糖値や血圧値を下げることは心身の健康に繋がります。

ランニングが苦手な方は、まずウォーキングから始めてみましょう。お気に入りのランニングシューズやランニングウェアを用意するだけで気持ちも上向きになってくるはずです。

いつもと違う景色を眺めながらの有酸素運動は脳へも良い刺激になるはずですよ。

 

<メンタルが強い人間なんていない>

メンタルが強い人間なんて極々わずかです。ほとんどの人は何かしらの悩みを抱えて日々を過ごしているんですから、メンタルが弱いからとそればかりを気にして過ごさないようにしましょう。

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus