Sponsored Links

あれ、こんな所に赤い痕が?何だか痒い!と思ったらダニやノミを疑った方が良いかもしれませんね。

お布団に繁殖してしまったダニやノミは家庭で簡単に駆除できます。気持ち良く眠るためにも普段のお掃除にダニ対策をプラスしてみませんか?

Mite1

<ダニは熱に弱い>

 

ダニやノミを退治するには50度という温度を30分維持する必要があります。

この高温によりダニやノミは死滅するので、天日干しか布団乾燥機を利用してダニ対策を行いましょう。温度の上昇がなくても、湿度が55%以下でもダニは死滅するので天日干しがおススメです。もちろん、布団乾燥機は高温・除湿が一度にできるのでこちらも非常に便利です。

Mite2

天日干しなどをしてダニやノミを退治した後は、ダニやノミの死骸・フンの除去も行うようにしましょう。ダニなどが死ぬことで痒みはなくなるでしょうが、死骸やフンはアレルギーを引き起こす原因物質(ハウスダスト)となるからです。布団を叩いたりすると埃が舞い上がってしまうので、掃除機かレイコップなど布団専用の吸引機を使ってダニの死骸・フンを吸い取ります。

 

<レイコップの効果は除菌>

 

ただし、レイコップに使われている紫外線はダニやノミを死滅させる効果はありません。何故なら、紫外線で死滅するのは「細菌」のみだからです。ダニは紫外線で死滅することはありませんので、まずは布団を乾燥してダニを死滅させその後アレルギーの原因となる死骸やフンをレイコップで吸えばアレルギー対策ができます。

わざわざ何万円もする専用のものを買うのはちょっと…と、いう方はご自宅で使っている掃除機につけるノズルを購入するのもおススメです。布団専用のノズルなのでカバーやシーツなどを巻き込みにくく、ノズルによってはダニの死骸・フンを掻き出す機能がついたものもありますよ。購入の際は、ノズルが掃除機の機種や品番に合うかよく確かめでくださいね。

 

<掃除機で吸いこんだダニやノミはどうなる?>

 

布団を干さないまま掃除機を使い吸いこんだダニやノミですが、「紙パックの中で大量繁殖」するという話を聞いたことはありませんか?

プリント

これは少し間違っています。掃除機に勢いよく吸い込まれたダニは、ホースの内部・側面のほか一緒に吸い込んだゴミにぶつかって衝突死してしまうそうなので、紙パックの中で大量に繁殖するということはありません。また、吸い込まれたダニは紙パックにしっかりとキャッチされるので排気と一緒に出てくることもないそうです。

ただし、ノミはその限りではないそうなので吸い込んでも死滅しません。ですので、布団に掃除機をかける場合はしっかりと布団を乾燥させダニやノミを死滅させてからにしましょう。

 

<ダニの繁殖を防ぐ方法>

 

ダニが好む環境は、温度が20~30度、湿度が60~80%と言われています。ですので、布団をこの環境にしないことでダニの繁殖を防ぎましょう。

 

・寝具に湿気がこもらないようにする:起きた直後の布団には、汗や熱気が残っています。起きてすぐに布団をしまうのは止めた方が良いでしょう。

・寝具、寝ていた場所は通気性を良くする:掛け布団は半分に折るか、他の場所に移して干すなどして湿気・熱気を飛ばしましょう。

・カラッと晴れた日には部屋の空気を入れ替える:よく晴れて湿度の低い日は、寝室の部屋の窓を開けて部屋の空気を入れ替えるのも効果的です。

・一度駆除したからと安心せず、週に1回は布団を干して掃除機で死骸などを吸い込みましょう:卵が孵化してる可能性があるので、1~2週間(卵が成虫になるサイクル)ほど空けてもう一度しっかり駆除対策をしましょう。

Mite4

いかがでしたか?ダニ・ノミ対策は普段の家事に少しプラスしていつでも行えますので、痒くなる前にしっかり対策をしていきましょうね!

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus