Sponsored Links

<作り方>

初心者の方におすすめなのは、ブタさん、タオル猫、イルカ、ペンギン、ストラップ類です。

作り慣れてきたら、日本犬やウサギさんに挑戦しましょう。

(出典:http://craft.nunodoll.com/stuffed/

 

○白くまストラップの作り方

・材料

詰めわた

極小ビーズ

ひも

ストラップ金具

 

①縫い代3ミリをつけて布を切ります。

ただし、耳には縫い代不要です。ほつれる布や薄い布の場合、耳を2枚貼り合わせるとよいでしょう。

Plush Doll1

②頭のダーツ(k-m)に耳をはさんで縫います。首のダーツ(b-c)を縫います。

Plush Doll2

③鼻先~背中~お尻(a-n-k-jおよびi-h)を縫い合わせます。j-iは縫い残します。頭のてっぺんを縫うとき、短いひもをはさんでいっしょに縫います。

Plush Doll3

④おなかのダーツ(o-p)を縫います。おなかとボディ(a-b-d-e-f-g-h-g-f-e-d-b-a)をぐるりと縫い合わせます。

Plush Doll4

⑤表に返し、わたを詰めます。詰め口をラダーステッチで閉じます。

Plush Doll5

⑥鼻と口を刺繍し、目にビーズを縫いつけます。シャドウやパステルなどで鼻のまわりを着色します。

Plush Doll6

詳細な作り方が掲載されていて、型紙もダウンロードできますので材料さえ揃えばいつでも可愛いぬいぐるみが作れますね!

 

<洗濯方法>

買った時のまま一度も洗濯していないぬいぐるみはないですか?ぬいぐるみはダニやカビの温床となってしまうことがあります。そのままにしておくと、アレルギーの原因となってしまうこともあるので汚れてきたら洗濯するようにしましょう。

 

○市販のエマールなどを使い、洗濯機の「ドライコース」(または手洗いコース)を使えば簡単に洗濯できますが、その際は洗濯ネットにいれ洗濯表示をしっかり確認しましょう。ぬいぐるみの素材が素材がポリエステル・ビーズ・パイプなどであれば洗濯機で洗うことができるものが多くあります。

 

○型崩れが気になる方には手洗いがおすすめ

 

①ぬるま湯と洗剤をバケツなどに注ぎ洗濯液を作ります。

②洗濯液の中にぬいぐるみを入れて、優しく押し洗いをします。汚れが気になるところはつまみ洗いをし、毛足が長いぬいぐるみはブラシを使用して洗っていきます。

③軽く絞ったらきれいな水でよく濯ぎます。(水を替えて3回以上)

④仕上げに柔軟剤を使用すると毛足がふんわりします。柔軟剤と水またはぬるま湯を入れたバケツに20~30分漬けておきましょう。

⑤手で軽く絞りタオルに包んでネットに入れたら洗濯機で10秒ほど脱水します。(上手く脱水ができていない場合はタオルの包む方向を変えてもう一度脱水)

※脱水をしすぎると型くずれやシワの原因となるので注意しましょう。

Plush Doll7

☆洗濯の前にチェックしておくこと!

生地の表面、体の一部を水で濡らしたタオルでポンポンと軽く叩いてタオルに色が付いたなら、色落ちしてしまうので洗うことができません。生地だけでなく眉毛や口などから色が出ることもあるのでよく調べましょう。

また、紙のラベルやネックレス、ドレスなどの付属品は洗濯の前にできるだけ取り外します。

 

○ぬいぐるみの干し方

洗濯後、手で軽くパンパンとたたいて形を整えます。干す場所は風通しの良い日陰が良いでしょう。

吊るして干すと引っ張られて形が変わってしまいますので、洗濯ネットを広げハンモックのようにした上に置いて干しましょう。

 

☆ぬいぐるみによっては乾くまでに3日以上かかる場合もあります。完全に乾いてしまう前にブラシで優しくブラッシングしてあげると毛並みが揃ってきれいに仕上がります。

 

<処分方法・寄付も可能>

 

○ゴミとして捨ててしまう前に、小さな子供たちの多い施設に寄付するというのも有効な手段です。

寄付先は病院(小児科)や幼稚園・保育園、児童館などが良いでしょう。ご自身が卒園した幼稚園や保育園なら寄付をしに行きやすいですね。

 

○複数個をまとめて処分したい場合は、リサイクルショップに持ち込んでみては?高価買取は望めませんが、値段がつかなくても引き取ってくれる場合もあるので処分方法や置き場所に困っている方は利用してみてください。

 

○神社やお寺で供養してもらうことも可能です。ゴミ袋に入れて捨てるなんてできないという方や、簡単に捨てたら何か良くないことが起こるかもと心配な方は神社やお寺で供養してもらう方法がベスト。

「人形供養」で検索すれば供養を専門とした神社やお寺が見つかるはずです。

 

○思い切ってぬいぐるみをゴミとして捨てる場合でも「何だか可哀想」と思われるかもしれません。そんな時は自宅で簡単に人形供養をしてからにしましょう。

 

①包装紙や新聞紙など、大きめの紙か布と塩を用意します。

②ぬいぐるみの顔をきれいに拭きます。

③用意した紙の中央にぬいぐるみを置きます。

④感謝の気持ちを込めてぬいぐるみを塩で清めましょう。

⑤ぬいぐるみを包むようにして上下左右を折りたたみます。

⑥お清めが終わったら他のゴミとは分けて袋に入れて捨てましょう。

Plush Doll8

※捨てる際は自治体の分別方法や収集方法に従って捨ててください。

 

 

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus