Sponsored Links

最近ではアクアリウムをアートとして扱うことも多くなり、アートアクアリウム展では様々なモチーフを用い、そこへ光や映像などを加えて演出するといった展示会が催されています。

 

○某番組でもでも紹介されたネイチャーアクアリウムは、水槽内に自然に近い水景を造っていくのですが自然に近いというよりも、もはやそこに大自然が広がっているかのような気さえしてきます。

構図作りを決めるところから始め、流木や石の配置、全体のバランスなどを整えながら水槽を植えていく植栽と呼ばれる作業を経てネイチャーアクアリウムは造られていきます。

こういうものが部屋に一つあるだけでも癒されそうですよね。

 

☆YouTube:[ADAview] ネイチャーアクアリウムギャラリー#001(JP)

 

○ボトルアクアリウムならネイチャーアクアリウムほど場所を取らずに気軽に始められるかもしれません。

ガラス瓶などの容器で魚や水草を飼育するボトルアクアリウムは、ヒーターやろ過装置要らずなので初心者の方にもおすすめですね。

ただし、一般的な熱帯魚の飼育に必要なヒーターなどを使わないということは、それだけボトルで飼育できる生体の種類も限られてきます。

 

飼育に適した生体:アカヒレ(コッピー)・エビ(ビーシュリンプ、ヌマエビ)

※水草はウィローモスやミクロソリウムなど。

 

☆YouTube:アカヒレのボトルアクア立ち上げ

 

Aquarium2

(出典:http://xn--t8j243v7hpifc.com/2015/08/28/post-495/)

 

○アートアクアリウム2015

先月まで、東京・日本橋三井ホールで開催されていた「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2015~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」は2015年で5回目を迎えるイベント。

約5000匹の金魚を用いた5つのアクアリウムが会場を幻想的に盛り上げいました。

 

☆YouTube:東京・日本橋で「アートアクアリウム」金魚ゆらゆら「涼」のアート

 

 

Aquarium4

(出典:http://www.fashion-press.net/news/17037)

Sponsored Links
facebooktwittergoogle_plus